閉経前後の女性ホルモンが減少していく
時期には心にも身体にも様々な不調が出
てきます。

 

更年期と呼ばれる女性ホルモンの乱れに
よって起こることが多いです。

 

イライラしたり、不安感が強くなったり
気持ちが落ち込んだり、浮き沈みがあっ
たり、攻撃的になったり・・・・・

 

閉経時のうつについてどうしたらいいの
か考えてみましょう。

閉経とうつの発症との関係について

閉経の前後5年ずつを合わせた10年間を

更年期

と呼びます。

 

この時期には生理がまばらになってきて
周期も予測がつかないくらい乱れてきます。

 

それは卵巣の機能が低下して女性ホルモ
ンの分泌が激減するせいです。

 

女性ホルモンエストロゲンは身体の自律
神経を整えたり、血流を改善して身体の
機能を健康に保ってくれています。

 

それが更年期には減少することで身体の
機能を思ったように維持できなくなります。

 

自律神経も乱れてしまいます。

 

それによって心と身体に様々な不調が起こります。

 

それは

 

  • のぼせ
  • ほてり
  • 冷え
  • 頭痛
  • イライラ
  • 憂うつ感
  • 不安感
  • 無気力感

 

などです。

 

これは女性ホルモンの減少によって自律
神経が乱れたことによって起こるものです。

 

その中に精神的な症状も含まれていてそ
の中の症状にうつに近い症状もあるのです。

 

更年期症状と別のうつの可能性も考える

また40代から50代にかけては生活環境が
大きく変わる時期でもあります。

 

  • 自立した子供が巣立っていくこと
    での空虚感
  • パートナーと生活時間の共有部分
    が増えることでの葛藤
  • 高齢の親や近親者の介護
  • 女性としての若さを失うことへの
    喪失感

 

など、更年期の症状とはまったく関係な
くても心に大きなストレスを抱えやすい
年代でもあります。

見分けのつかないうつについて

更年期症状の一つとして憂うつな気持ち
や気分の浮き沈みが出てくることもあり
ますし、この年代の生活環境が与えるス
トレスの大きさに心が耐えられずうつを
発症してしまうということもあります。

 

原因が違うというのに症状はそっくり・・・・・

 

これで対処も難しくなってしまうのです。

 

もしも更年期の症状でなく、本当のうつ
を患っているのに更年期の治療を受けて
も気持ちの面ではよくなりません。

 

しかし、これが更年期のせいで発症して
いる精神状態であれば更年期の治療によ
ってうつっぽい気分も改善していきます。

 

閉経前後のうつの対策はどうする?

閉経前後のうつの症状はどちらが原因で
起こっているのかが見分けにくいのです。

 

まず更年期のうつであれば更年期の対策
でスッキリ改善していくケースがほとん
どです。

 

もし一緒に身体的な症状などもあったり
生活の中で特に悩むようなことがないのに

 

  • イライラがとまらない
  • 突然ヒステリックになってしまう
  • 気分が落ち込んだりする

 

ようなときは更年期の治療を始めたほうが
いいでしょう。

 

治療には通常

  • ホルモン補充療法
  • 漢方薬治療
  • サプリメント

などがあります。

 

しかし、うつ状態のときの治療に病院を
受診することだけでもストレスです。

 

(めんどうでやる気が起きないし、外出
したくない、人に会いたくない)

 

ストレスをため続けていくのは治療どこ
ろか却って気持ちの面で負担になりかね
ません。

 

そこで更年期の治療としておすすめした
いのが

サプリメント

です。

 

これなら家の中にいて簡単にできますし
人に会う必要もありません。

 

通常の精神状態のときであれば生活改善
や病院への通院もなんの問題もなくこな
せることですが、気分が落ち込んだり、
無気力状態になったり、イライラが募っ
ているときなどにいつもと違うことを始
めるのはとても負担が大きいです。

 

更年期症状のせいで憂うつな気分になっ
ているのは自律神経が乱れているせいです。

 

ですのでやる気を起こしたり、だるさを
取り除いてくれたり、気持ちを落ち着け
るためには自律神経を整えてあげればい
いのです。

 

自律神経を整えてくれるもの

↓  ↓  ↓

薬用人参です

 

薬用人参のサポニンと言う成分(ジンセ
ノサイドと言います。)には自律神経を
整える働きが認められています。

↓  ↓  ↓

引用元)http://biosciencedbc.jp/dbsearch/Patent/ipdl.php?dir=aqMC2/daJCUQUcfxbY1RctiJCLAddQsshLrzaNZyolSBi14OPaR8GnBZHvDf7ZXvvoQjDc2atzUvnvIpBmgILK8I9HIHoTvV&file=VGPdNHTSFPRObU2pPLUSmjuwQ==

 

私がおすすめするのは
「白井田七」です

↓  ↓  ↓

白井田七には薬用人参の一つである

田七人参

が使われています。

 

田七人参のサポニン含有量は同じ薬用人
参である高麗人参のなんと

7倍

も含まれています。

 

サプリメントは自宅にいるだけで続けら
れる簡単な対策です。

 

更年期の精神症状や憂うつ感以外にも身
体ののぼせや冷え、頭痛めまいなどにも
力を発揮してくれます。

 

食品ですので副作用はないのですが、ど
うしても心配ならば

15日間返品保証

↓  ↓  ↓

という制度もありますので、気軽に試し
てみることができます。

 

そして身体の調子はどんどんよくなって
いくのに精神的な症状に改善が見られな
い場合や生活の中で悩み事や気持ちが不
安定になるような原因が思い当たるよう
であれば精神科の診察をしっかり受けた
ほうがいいでしょう。

 

自分で判断できなければ医師に相談する
のが一番です。

 

ただ更年期によるうつであれば更年期の
症状に対する対策で変化がみられるはず
です。

 

自分でどうしようもない不安を抱えたま
までは他の症状も引き寄せてしまいます。

 

簡単に取り組めることから始めましょう。