女性は生理があればいつかは閉経します。

 

日本人女性の閉経年齢は

50歳

だと言われています。

 

40代~50代にかけて閉経を迎える人が
多い中、閉経に向けて何が対策をして
いると言う人は少ないです。

 

閉経への対策って必要なの?

まず最初に申し上げたいことは、

 

閉経への対策は必要です。

 

年齢を重ねることによって卵巣の機能は
徐々に低下していき女性ホルモンエスト
ロゲンの分泌量も激減します。

↓  ↓  ↓

これはどうしても避けることができません。

 

閉経を迎える年齢や閉経への流れ、閉経
前後の身体の変化も人それぞれです。

 

ですが閉経すると身体や心がどう変化す
るのかということは前もって知っておく
ことが大切だと思います。

 

何も知らずに対策なしで閉経を迎えてつ
らい思いをすることもあります。

 

何か病気かもと不安になったり、本当の
病気と閉経に伴う症状の違いを知ってお
くこなどして閉経への対策をとっておく
と、更年期と呼ばれる時期が過ごしやす
くなります。

 

閉経前後の身体の変化ってどうなるの?

閉経前後には女性ホルモンが減ったこと
で身体の色々な働きを健康に保ってくれ
ていた自律神経がうまく働けなくなります。

 

自律神経に影響が出る過程についてはこ
ちらを参考にしてくださいね
↓  ↓  ↓
閉経が近づくことで自律神経に与えるダメージ

 

自律神経が乱れてしまうと身体だけでな
く心にも影響があります。

 

具体的にはどのような変化があるので
しょうか?

 

身体の変化

  • ホットフラッシュ
  • のぼせ
  • ほてり
  • 発汗
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 動悸
  • 息切れ
  • めまい
  • 冷え
  • 関節痛
  • 耳鳴り
  • 不眠
  • 疲労感
  • 味覚障害
  • 物忘れ
  • 視力低下
  • ドライマウス
  • ドライアイ
  • 食欲不振
  • 抜け毛
  • 性交痛

心の変化

  • イライラ
  • おっくう
  • だるい
  • 面倒
  • 集中力がない
  • 気分のムラ
  • カッとなる
  • 不安感
  • 憂うつ感
  • パニック障害

などの症状が起きます。

(これは一部です。)

閉経前後の症状は人によって差がある

閉経を迎える人すべてがこれらの症状に
悩まされるわけではありません。

 

ほとんど何もなく過ごす人も少数ですが
います。

 

しかし、何らかの症状が出る人のほうが
多く、それも複数の症状に悩まされるこ
とも多いです。

 

その症状が現れる期間も長い人は数年
続くようです。

 

頭痛や肩こりは毎日の生活がつらいです
し、ホットフラッシュや冷えは血流がう
まくいかずに起こる症状です。

 

問題は精神的な症状です。

 

やる気がなくなったり、些細なことにイ
ライラしたり、自分で感情のコントロー
ルがうまくいかないことが起こります。

 

これは自分にとってもつらいことですが
家族や友人、職場など周囲にも影響を与
えることです。

 

こういう気持ちの変化が起こってからで
は生活を改善したほうがいいのはわかっ
ていても気持ちの部分でついていけない
ことが多く何もできないまま症状がひど
くなってしまうこともあります。

閉経に向けて対策を考える

閉経に向けて自分の心や身体にどんな変
化が起こるのかをわかっていれば対策も
考えられます。

 

更年期と呼ばれる閉経前後の時期を元気
に健康に過ごすためには閉経に伴う女性
ホルモンの減少をサポートする必要があ
ります。

 

そこで注目したいのが女性ホルモンの代
わりになってくれる成分を取り入れると
いうことです。

 

その方法には次のようなものがあります。

 

一つは病院などでうける治療で

ホルモン補充療法

というものがあります。

 

その他にも

植物性エストロゲン

と呼ばれるエストロゲンに似た作用を
する成分を取り入れる方法があります。

 

ではその2つについて考えてみましょう。

ホルモン補充療法について

ホルモン補充療法というのは少なくなっ
た女性ホルモンを薬剤で補うものです。

 

病院を受診して医師の指導のもと行います。

 

即効性があり、効果を感じられるのが早い
という特徴があります。

 

つらい更年期の症状に悩んでいる場合は、
この不調が改善されるならと誰もが受けて
みたい治療かもしれません。

 

ただ治療というのはお薬を使います。

 

そしてお薬には副作用があるということも
しっかり理解しておきましょう。

 

ホルモン補充療法を受けることで

  • 血栓(血が固まる)による病気
  • がん

のリスクが高まります。

↓  ↓  ↓

 

(クリックで拡大します)

引用元)https://www.iyaku-j.com/iyakuj/system/dc8/index.php?trgid=12093

また婦人科の検診を定期的に受ける必要
も出てきます。

 

それはホルモンを補ってあげることで

「がんのリスク」

が多少なりとも出てくるからです。

 

きちんとした治療を受ければ更年期の
つらい症状が改善することはわかって
います。

 

しかし

  • 病院に通院するのが大変
  • 薬の副作用が気になる
  • 体調がそこまで悪いわけではない
    ので自宅で簡単にできる対策を知
    りたい

 

という場合もあるでしょう。

 

植物性エストロゲンについて

文字通り植物の中にあるエストロゲンの
ような作用をするもののことです。

 

この植物性エストロゲンの一つに高麗人
参があります。

↓  ↓  ↓

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

この高麗人参には女性ホルモンに似た働
をすることがわかっています。

 

ですので毎日の生活で高麗人参を取り入
れていくことで閉経前後の不調を改善し
ていけるようになります。

 

私がおすすめするのは
「高麗美人」です

↓  ↓  ↓

高麗美人は

韓国プンギ産の6年根の紅参

という高品質の高麗人参を使った

サプリメント

です。

 

サプリメントですので即効性はありません。

 

ですのである程度は飲み続ける必要があ
ります。

 

しかし食品ですので副作用の心配もなく
手軽さと簡単さが続けやすいです。

 

今現在何の症状もなくて大丈夫だという
場合も更年期の予防として始めるのもい
いですし、更年期とは関係なく手足の
冷えや頭痛などで辛い思いをしている
ようなら是非おすすめしたいです。

 

なぜなら私自身がつらい冷えと毎日続く
頭痛から解放されたからです。

 

もし不安がある場合は

 

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

を利用できますので心配いりません。

 

閉経への対策を考えるのなら毎日手軽に
取り組めるサプリメントを取り入れてみ
てはどうでしょうか?

 

つらい毎日では笑顔も出ません。

 

元気な更年期を送りましょう。