閉経を迎えると女性としての人生が終わ
ったような寂しい気持ちになるという人
もいます。

 

生理がなくなるということは卵巣機能が
低下して女性ホルモンの分泌が減ってし
まうことです。

 

女性ホルモンが減少するということは身
体の細胞や肌、など様々な部分に影響を
及ぼします。

 

閉経とともに身体の老化は進んでいくの
でしょうか?

 

閉経と身体の老化との関係について

閉経は女性であればだれにでも訪れるこ
とです。

 

閉経の平均年齢は50歳だと言われています。

 

40代に入ってから徐々に卵巣の機能が低
下して女性ホルモンエストロゲンの分泌
量が激減します。

↓  ↓  ↓

 

閉経前後の女性ホルモンの減少は一気に
きます。

 

それに身体がついていけなくて更年期の
症状がいくつも出てくるのです。

 

卵巣の機能が低下すれば女性ホルモンが
減ってくるのは仕方ありません。

 

そしてその変化を放っておくとあちこち
不調が現れ一気に老けてしまうことにも
なりかねません。

 

見た目のお肌やシワ、シミなどは多少の
個人差はありますが、やはり加齢ととも
に増えていき、老化現象が現れるのはど
うしようもないことです。

 

閉経前後の更年期の過ごし方によって変わってくる見た目の老化

ただ老化現象は誰にでもきますが、それに
対して何か自分で対策をとる人とそうでな
い人では閉経前後の過ごし方もその後も変
わってきます。

 

だって、閉経の年齢が早かった人が早く老
けるわけではないですよね。

 

いつまでも生理があって、卵巣機能が維持
されている人だってある日突然パタリと生
理が終わってそこから一気に老化が進む場
合だってあります。

 

大事なのは閉経にむかっていく中で身体の
不調とどうつきあっていくかということだ
と思います。

 

病は気からとも言いますが、閉経近くなる
と更年期の症状がつらくてふさぎ込んだり
外出が減って家に閉じこもったり、そうな
ると同じ年代で運動したり、友人と外出な
どを楽しんで元気に過ごしている人に比べ
て老けて見えます。

 

ですので閉経によって卵巣の機能は低下し
ますが、見た目などは自分の過ごし方や気
持ちの持ち方でもずいぶん変わってくると
言えます。

 

更年期を元気で過ごすためには

更年期のつらい症状は人によって現れ方が
様々です。

 

だから自分の力だけでつらい症状を出ない
ようにするというのは難しいかもしれません。

 

でも急激に減ってきた女性ホルモンエスト
ロゲンの働きをサポートすることは可能です。

 

更年期の心と身体の不調を改善するために
は減ってしまったエストロゲンと同じよう
な働きをするものを身体に入れてあげれば
いい事になります。

 

エストロゲンによく似た成分に

植物性エストロゲン

というものがあります。

 

その植物性エストロゲンがたくさん含ま
れているものが高麗人参です。

↓  ↓  ↓

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

高麗人参は植物性エストロゲンの一種で
あり、更年期障害の緩和の目的で利用さ
れるとあります。

 

日常生活の中で効率よく高麗人参を取り
入れていくには

サプリメント

が手軽でおすすめです。

 

その中でも私がおすすめするのは
「高麗美人」です

↓  ↓  ↓

高麗美人は

韓国プンギ産の6年根の紅参

という品質の高い高麗人参を使った

サプリメント

です。

 

高麗人参のエストロゲン様作用の力を
借りて更年期のつらい症状を緩和して
いきましょう。

 

万が一身体に合うか心配だという人は

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

制度を利用することもできますので、
安心ですね。

 

閉経は誰にでもやってきます。

 

その年齢や訪れ方は様々ですが、大事
なことはその時期をどう過ごしていく
かだと思います。

 

少しでもつらい症状を改善して明るく
過ごすことが老化防止になるのではな
いでしょうか?