閉経前後の更年期と呼ばれる時期には
女性ホルモンの分泌が減少することに
よって心と身体に色々な症状が出て
くることがあります。

 

朝、台所で布巾を絞ったり包丁を握って
いるときに手のこわばりが出てくること
もあります。

 

ひどいときは動きが悪くなるだけでなく
痛みが出ることもあります。

 

閉経前後にリウマチを疑って病院を訪れ
る人が多いのも手のこわばりのせいです。

 

閉経前後にリウマチを疑ってしまう手の
こわばりや関節痛についてお話しします。

 

閉経前後のリウマチ症状の本当の病名は?

閉経前後の女性は関節リウマチを心配
して病院を受診することが多いです。

 

この時期の手のこわばりや指の節々の
痛みは

(もしかしてリウマチ???)

と心配になる症状です。

 

しかしこれは、女性ホルモンエストロ
ゲンが減少することによる更年期独特
の症状である可能性が高いです。

 

ですので手のこわばりがあってもそれ
はただの

不定愁訴

かもしれません。

 

いわゆる更年期症状の一つです。

更年期症状とリウマチとの決定的な違いとは?

更年期に起こる手や指のこわばりや痛み
とリウマチとの違いは何でしょうか?

 

どちらもよく似た症状です。

 

大きな違いはリウマチの場合は痛みと
別に腫れがでることです。

 

痛いところが腫れている場合は気を
つけましょう。

 

また、更年期による関節痛の場合は
痛みやこわばりが出ても数分で治まる
ことが多いですが、リウマチは1時間
以上痛みが続くこともあります。

 

結局、正しい診断は専門の医療機関で
血液検査をしてもらわないと判断でき
ないものです。

 

しかし、このリウマチも更年期の時期
にエストロゲンが低下することで免疫
が低下してしまうことによって起こる
のではないかと言われています。

 

どちらにしても女性ホルモンエストロ
ゲンの減少が及ぼす影響は大きいとい
うことです。

 

リウマチになると痛みだけでなく腫れ
が出てひどい場合は指などの関節が変
形してしまうんです。

 

更年期による関節痛とリウマチはとても
よく似ています。

 

しかし早いうちに区別するにはやはり
専門の医療機関を受診してしっかり
診断を受ける必要があります。

更年期の関節痛の場合の対処法とは?

もしも、リウマチでないとわかったら
更年期特有の症状における改善方法を
考えるべきです。

 

対処法としては女性ホルモンエストロ
ゲンに代わるものを補ってあげること
が大切です。

 

私がおすすめするのは高麗人参を使っ
たサプリメントである

 

「高麗美人」です

↓  ↓  ↓

高麗美人に使われている高麗人参は

プンギ産の6年根の紅参

という希少価値の高い高麗人参です。

 

高麗人参の「紅参」には女性ホルモ
ンエストロゲンに似た働きがあると
言われています。

↓  ↓  ↓

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

高麗美人は女性ホルモンに似た働きに
よって自律神経を整えてくれます。

 

そして更年期特有の心と身体の不調を
改善してくれるんです。

 

高麗美人はサプリメントです。

 

即効性はありませんが、副作用の心配も
なく安心して飲み続けられます。

 

万が一身体に合わない心配があっても

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

がついていますので手軽に試すことが
できます。

 

更年期には一つだけでなくいくつもの
症状が出てきて苦しめられます。

 

何かを一つだけ改善するというのでは
なく身体全体の血流を改善しながら
めぐりをよくすることで体調を整えて
いくことが更年期の時期の対策です。

 

毎日の生活をすっきりとした心と身体
で過ごしていきたいですね。