40代に入った頃から生理の周期がかわっ
てきた。

 

規則正しかったのにバラバラになってきた。

 

そうなってきたら閉経が近くなってきて
いるのかもしれません。

 

若い頃から生理周期がバラバラだったと
いう場合はあまり参考にならないかもし
れませんが、生理周期がある程度規則正
しくきていた場合はその周期が乱れるこ
とで閉経へと近づいていることがわかり
ます。

 

閉経するにはいくつかのパターンがあり
ます。

 

閉経に向かうパターンとはどんなもの?

女性の閉経年齢は平均で50歳だと言わ
れています。

 

早い場合は40代前半から、遅い場合は
50代後半までに大体の人が閉経します。

 

中には30代でも閉経してしまう場合も
あるようですし、60代でも生理が続い
た例もあるようです。

 

ですので、大体40代に入ってから生理
周期が不規則になってきたら閉経が近
いと考えてもよさそうです。

 

閉経を迎えるパターンはいくつかあり
ます。

 

  • 生理周期が少しずつ短くなってひと月に2回出血があったりする
  • 生理周期が少しずつ長くなって2~3か月や半年など間が空いていく
  • 生理周期が短かったり長かったりバラバラになる
  • ある日突然パタッと生理がこなくなる

 

などです。

閉経になる時期の身体の変化とは

閉経を迎える流れは人それぞれ違います
が、共通していえることは

女性ホルモンエストロゲン

の分泌量が低下してきているということ
です。

↓  ↓  ↓

 

グラフを見てもらうとわかりますが
閉経年齢前後にはエストロゲンが急激
に減少しています。

この時期に気をつけたほうがいいこととは?

ズバリ!

「更年期症状」

です。

 

更年期というのは閉経をはさんで前後5年
ずつ合わせて10年間のことを指します。

 

この更年期には女性ホルモンエストロ
ゲンの分泌が減ることによって今まで
バランスを保っていた自律神経が大き
く乱れ始めます。

 

そのせいで心や身体の機能をコントロー
ルできなくなり様々な症状が出てくるの
です。

 

この様々な症状のせいで仕事や生活です
らまともに送れなくなることを

更年期障害

と言って、立派な病気の一つです。

 

なかには更年期の時期にも何ともない人
もいますが、ほとんど何かしらの症状に
悩まされる事が多いようです

 

症状の種類はこちらを参考に
   ↓  ↓  ↓
閉経っていくつでなるの?心や身体への影響を知りたい

 

更年期に起こる症状の改善方法とは?

更年期には女性ホルモンエストロゲンの
分泌が減少することで自律神経のバラン
スが乱れます。

 

自律神経がきちんと働いてくれないから
身体や心に不調が現れるのです。

 

では、その自律神経を整えてる成分をお
ぎなってあげればいいわけです。

 

自律神経を整えてくれる成分に

サポニン

があります。

↓  ↓  ↓

引用元)http://biosciencedbc.jp/dbsearch/Patent/ipdl.php?dir=aqMC2/daJCUQUcfxbY1RctiJCLAddQsshLrzaNZyolSBi14OPaR8GnBZHvDf7ZXvvoQjDc2atzUvnvIpBmgILK8I9HIHoTvV&file=VGPdNHTSFPRObU2pPLUSmjuwQ==

 

サポニンは植物の根っこや茎や葉などに
含まれる苦みの成分です。

 

サポニンは食品であれば大豆などに含ま
れます。

 

大豆サポニンって聞いたことありませ
んか?

 

な~んだそれなら毎日大豆を食べれば
いいのね

 

そう思いますよね。

 

ところが大豆って固いから通常はゆでて
使うと思います。

 

サポニンはそのゆで汁の泡に含まれるん
です。

 

それに更年期の症状を改善するために
サポニンを取り入れるとなると一日に
100gの大豆(乾燥状態で)を毎日食べる
必要が出てきます。

 

それもゆで汁ごとですよ。

 

そんなの飽きちゃいますし、続けるの
大変です。

 

他にはサポニンが多いものってないの?

 

あります、あるんです。

 

それが

薬用人参

です。

 

薬用人参にはこのサポニン成分が豊富に
含まれていて通常の高麗人参でも大豆の
7.7倍も含まれていると言われます。

↓  ↓  ↓

 

そして高麗人参よりも凄い薬用人参が
あるんです。

 

それが

田七人参

です。

 

この田七人参も薬用人参の一つですが、
気になるサポニンの量が

↓  ↓  ↓

 

じゃ~ん!!

 

なんと高麗人参の7倍もあるんです。

 

たっぷりですよね。

 

でもこの田七人参ってあまり聞き慣れな
いけどどうやって生活の中に取り入れて
いけばいいのでしょう。

 

はい、田七人参を効率的に摂り入れるなら

サプリメント

がおすすめです。

 

私がおすすめするのは
「白井田七」です

↓  ↓  ↓

白井田七は田七人参と有機玄米だけを
使った無添加商品です。

 

サプリメントですので副作用もなく安
心して飲めます。

 

成分としては女性に嬉しいポリフェノ
ールの一種「フラボノイド」やリラッ
クス成分「ギャバ」などが含まれてい
て身体のめぐりをよくして更年期の症
状を緩和してくれるというのです。

 

もちろん、サポニンの含有量がとても
多いので自律神経を整えてくれること
で不調改善に力を発揮してくれるとい
うわけです。

 

白井田七は薬用ニンジンの中でも副作
用がないと言われていますが、どうし
ても心配な方には

 

15日間の返金保証

↓  ↓  ↓

もついていますので安心して試してみて
ほしいです。

 

自律神経を整えることで更年期と言う
時期を楽に元気に過ごしていきましょう。