閉経というのは最後の生理から一年経っ
ても次の生理が来ない場合のことを言
います。

 

その前兆には生理周期がバラバラに乱れ
てきたり一回の出血回数や出血の量が今
までと違ってきていることが多いです。

 

閉経年齢は何によって決定するものな
のでしょうか?

 

閉経の年齢を左右するのは初潮の始まった年齢なの?

ある一説では閉経の年齢が初潮の年齢と
関係があるようなことが言われていました。

 

しかし、結論から言えば根拠もないです
し関係ありません。

 

閉経の状態というのは卵巣の機能が低下
することによって女性ホルモンの分泌も
激減していき、やがて生理が止まってし
まうものです。

 

閉経に影響を与えるのは最初に生理が始
まった年齢よりも、その後の生活環境や
子宮などの病気、様々な病気による治療
の影響が大きく関わっていると言われます。

 

また社会環境も関係しています。

 

現代社会は心身共に

ストレス

の多い時代だと言われます。

 

このストレスというのはやっかいなもの
で身体の正常な機能を妨げたり、閉経と
大きく関わる女性ホルモンを大量に消費
すると言われています。

 

ですので生まれつきや生理が始まった年
齢よりも今まで生きてきた生活の環境や
自分が過ごしてきた生活習慣の影響によ
るものが大きいです。

閉経年齢を早めたり遅らせたりできるのか?

残念ながら自分の意志で早めたり遅らせ
たりできるものではありません。

 

しかし、日ごろ閉経を早めるような生活環
境を改めたり、女性ホルモンに近い成分を
取り入れることで多少ゆっくりにすること
は可能かもしれません。

 

しかしいずれ誰もが閉経します。

 

大事なことは

閉経の年齢がいつか

ではなく、閉経を迎えるにあたってどう
生活していくかではないでしょうか?

閉経に伴う心と身体の変化

閉経に伴う身体の様々な不調はどうやっ
ておこるのでしょうか?

 

しくみをみてみましょう。

 

脳には視床下部と言う部位があります。

 

その視床下部からの命令によって下垂
体が卵巣に働きかけるのです。

脳の下垂体脳の下垂体

女性ホルモンを出してくれるかな?


卵巣卵巣

えっと~、そんなこと言っても閉経近くて量が少ないから無理!


脳の下垂体脳の下垂体

どういうこと?女性ホルモンがでてないよ!


卵巣卵巣

だって無理なものは無理なんだもん


脳の下垂体脳の下垂体

ちょっと!!!女性ホルモン出してって言ってるでしょ!!!


卵巣卵巣

卵巣の機能が低下してて出ないよ~


脳の下垂体脳の下垂体

どういうことだよ~どうにかしろよ~


自律神経自律神経

下垂体が混乱している!どうしよう???落ち着いて仕事できないよ~

こんな感じです。

 

女性ホルモンが減少することで下垂体が
オーバーヒート気味に指令を出し続けて
いきます。

 

そしてその混乱が近くにある自律神経に
まで影響を及ぼすのです。

 

結果として自律神経が通常の働きが困難
になり身体のあちこちの機能が低下して
不調が出てくるのです。

更年期で本当に怖いのは?

更年期には身体の不調が色々起こります。

 

でもそれよりも怖いことがあります。

 

精神的な不調です。

 

更年期には身体の不調と同じように自律
神経の乱れとともに心にも不調が起こり
ます。

 

  • イライラする
  • 落ち込む
  • 些細なことでも気になる
  • 不安感が強くなる
  • 無性に悲しくなる

 

これらが起こるとどうなるか

↓↓↓

大切な家族とのトラブルが起こることも
ある

↓↓↓

大切な友人をなくすこともある

 

更年期は一生の中でのほんのわずかな
期間です。

 

でもその期間をうまく乗り越えられな
かったために離婚したり家庭崩壊に陥
った人もいます。

 

大げさでもなんでもありません。

 

それだけ自分の思いと反した症状に悩ま
されるのが更年期なのです。

 

 

私は更年期症状の真っただ中にいたとき
主人に毎日イライラしていました。

 

何か一つ言われるたびに大げんかに発展
していました。

 

離婚届を4枚ほどふいにしたかもしれま
せん。

 

4枚目を破られるときはすでに3枚ほど
隠し持っていたほどです。

 

今では笑い話ですが、一触即発状態だっ
たことは間違いありません。

 

私か主人かどちらかがちょっと言葉や対
応を間違えるだけで確実に離婚していた
でしょう。

私の両親もはたから見てもうらやましい
くらいのおしどり夫婦でした。

 

しかし母の更年期の時期に気持ちの優し
い穏やかな母から何度も

「別れたい」

という言葉を聞きました。

 

娘である私はそんなのイヤだったので
何度も母をなだめた記憶があります。

 

その体験をまさか自分もすることに
なろうとは・・・・・

 

ですので更年期の不調が出ても自分だけ
と落ち込む必要はありません。

 

しかし自分でも何か改善できる方法を
知っておくことは大切です。

 

私がおすすめするのは高麗人参を
使ったサプリメントです

↓  ↓  ↓

「高麗美人」

高麗人参には女性ホルモンの減少に伴っ
て乱れた自律神経を整える

サポニン

という成分が含まれています。

 

サポニンには自律神経を整える働きが
あると証明されているんです。

↓  ↓  ↓

引用元)http://biosciencedbc.jp/dbsearch/Patent/ipdl.php?dir=aqMC2/daJCUQUcfxbY1RctiJCLAddQsshLrzaNZyolSBi14OPaR8GnBZHvDf7ZXvvoQjDc2atzUvnvIpBmgILK8I9HIHoTvV&file=VGPdNHTSFPRObU2pPLUSmjuwQ==

 

このサポニンというのは植物の根っこや
茎、葉などに含まれている苦み成分の
ことです。

 

サポニンが自律神経を整えて新陳代謝を
促し、血流を改善してくれることによっ
て更年期に起こる心や身体の不調をやわ
らげてくれるのです。

 

食品にはサポニン成分はないのでしょうか?

 

あります。

 

食品で「サポニン」が多く含まれるのは大豆
です。

 

しかし、大豆のサポニンはゆでて流してしま
うゆで汁の泡などに含まれていますので効率
よくたくさん摂り入れようとすれば一日100g
の大豆をゆでてゆで汁ごと毎日食べる必要が
出てきます。

 

そんなの大変ですし、飽きちゃいますよね。

 

そこで高麗人参のサポニンが活用できれば
嬉しいですよね。

 

高麗人参にもピンからキリまでありますが
高麗美人に含まれる高麗人参は

韓国プンギ産の6年根の紅参

というとても品質の高いものが使われてい
ます。

 

この紅参に含まれるサポニンは大豆の

7.7倍

もあります。

↓  ↓  ↓

 

サプリメントは食品ですので副作用の
心配もありません。

 

薬のような即効性はありませんが、毎日
決まった量を飲み続けるだけの手軽さと
簡単さなので続けることにもストレスが
ありません。

 

私も今飲み続けています。

 

今一番改善したのが足先の痛いほど冷たい
冷えです。

 

靴下3枚ははかないと辛かったのに今は1枚
で十分になっています。

 

高麗美人には

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

という嬉しい制度がありますので、万が
一身体に合わないかな?という場合にも
安心して試すことができます。

 

これからの更年期をつらく苦しいものに
しないようにできることから始めてみま
せんか?