閉経年齢って人それぞれですし、30代
後半から50代後半までとにかく幅広い
です。

 

閉経が早い人は早い人で、遅い人は遅い
人でそれぞれに悩みを抱えているものです。

 

閉経の時期が違うことで心や身体に与え
る影響などを考えてみたいと思います。

 

閉経年齢遅いとか早いとか違うことで
どんなことが起こるのでしょうか?

 

閉経年齢が遅いというのは何歳ぐらいのこと?

周囲が次々と閉経してしまって自分だけ
がまだ生理があると

(私はなんで閉経が遅いのかしら)

などと考えてしまうこともあります。

 

しかし閉経の平均年齢は

50歳

と言われていますので、周囲がみな閉経
したからといってあなたがまだ40代で
あった場合は遅いというわけではありま
せん。

 

一般的に閉経が集中する年齢が

45歳~55歳

くらいで、いわゆる更年期と呼ばれる
時期とほぼ同じです。

 

ですので閉経が遅いのは55歳以上だと
考えてもよさそうです。

閉経年齢が遅いことのメリットとデメリットとは?

閉経年齢が早い人と遅い人の違いと
メリットとデメリットについて考えて
みましょう。

メリット デメリット
閉経

早い

  • 生理の煩わしさから解放される
  • 乳がんリスクが低下
  • 生理痛やPMSがなくなる

 

  • 早い段階で女性ホルモン恩恵を受けられなくなる
  • 骨粗しょう症のリスクが高まる

 

閉経

遅い

  • 女性ホルモンの恩恵が受け続けられる
  • 骨粗しょう症などのリスクが低くなる
  • 女性としての機能を持ち続けるため老いが加速する可能性もある
  • 生理の煩わしさが続く

どちらも一長一短あり、どちらがいい
とは言えません。

 

それに自分で考えてもどうしようもない
ことで悩むよりも今できることやこれか
ら起こることについて考えていったほう
が断然いいです。

閉経前後に考えておいたほうがいいこと

閉経の年齢は早くても遅くてもいつかは
閉経を迎えます。

 

それなら閉経の前後の期間にどういう
変化が起こるか、これからの生活を
どのような心構えで送っていけばいい
かを考えておいたほうがいいですね。

 

閉経前後の時期は更年期と呼ばれる時期
でもあります。

 

閉経の平均年齢が50歳と言われています
のでその前5年から後5年の45歳~55歳を
更年期と考えられています。

 

もちろん、閉経年齢には差がありますの
でこの更年期も人によって迎える時期は
変わってくるでしょう。

 

更年期には今まで恩恵にあずかっていた
女性ホルモンエストロゲンが急激に減少
してしまうので心や身体の不調が出てき
ます。

 

その内容はこちらで紹介しています。
↓  ↓  ↓
閉経っていくつでなるの?心や身体への影響を知りたい

 

その不調がくるかもしれないとわかって
いればあらかじめ生活での対策ができます。

 

考えてみてください。

 

例えばですが・・・・・

 

現在42歳で2~3年後から更年期を迎える
とします。

 

後2~3年後から体調の変化が来るとわかっ
ているのといないのではどうでしょう?

 

あらかじめわかっていれば不調を改善する
方法を探したり生活の改善を今から考えた
りすることができます。

 

しかしもし自分に体調の変化が来る可能性
があると知らなかったなら・・・・・

 

いざ3年後に突然やってきた不調や気持ち
の変化に動揺してしまい大きな病気かも
しれないとパニックになるかもしれません。

 

自分の知識の中で対応できず心配で気持ち
まで落ち込んでしまうかもしれません。

 

それに更年期の不調は一つだけとは限り
ません。

 

ただでさえ不安とパニックになりそうなの
に心も身体もついていけない・・・・・

 

次々と体調が変わっていく・・・・・

これは本当に大変なことです。

 

どうでしょうか?

 

備えあれば憂いなし

 

ではありませんか?

 

そこで閉経する前から考えてほしいのが
更年期症状を和らげる生活を目指すこと
です。

 

更年期に激減している女性ホルモンの
サポートをする成分をおぎなってあげ
ることです。

 

女性ホルモンに近い作用をしてくれる
ものには身近な食品では

大豆イソフラボン

などがあります。

 

あ~大豆を摂ればいいのね。

 

と安心したあなた・・・・・

 

ちょっと待ってください!

 

大豆イソフラボンは植物性エストロゲン
と言われていて確かに女性ホルモンエス
トロゲンと似た働きをしてくれます。

 

しかし、大豆イソフラボンには気をつけ
なくてはならないことがあるんです。

 

それは大豆アレルギーの人はこの恩恵に
あずかれないということです。

 

また大豆アレルギーがなくても過剰摂取
によってホルモンバランスを崩したり
子宮の病気にかかる可能性のリスクが高
まるのです。

 

自分の身体のことを考えて対策をとろう
としたのに病気になっては本末転倒です。

 

もっといい方法はないのでしょうか?

 

あります

 

女性ホルモンに似た働きをしてくれる
植物があるんです。

 

それが漢方でも知られている

高麗人参

です。

 

高麗人参には女性ホルモンエストロゲン
に似た作用があり植物性エストロゲン
言われています。
↓  ↓  ↓

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

ここにも高麗人参は植物性エストロゲン
の一種であると書かれています。

 

これを取り入れてあげれば更年期の症状
をやわらげてくれることに力を発揮して
くれるのです。

 

しかし、高麗人参なんて薬っぽいし、
飲みにくそう・・・・・

 

それ以前にどうやって摂り入れれば
いいの?

 

はい、そのためにサプリメントがあり
ます。

 

サプリメントであれば決まった量を飲む
けでいいですし続けやすいです。

 

サプリメントなので食品です。

 

確かに即効性はないかもしれませんが、
予防兼ねて飲み続けるとしたら副作用の
心配もなく手軽なのが一番です。

 

私がおすすめするのは
「高麗美人」です

↓  ↓  ↓

高麗美人に使われている高麗人参は

韓国プンギ産の6年根の紅参

という品質の高いものです。

 

私もホットフラッシュや冷えがひどくて
飲み始めましたが臭いもないし粒も小さ
くおまけに喉の通りもよく飲みやすいです。

 

めんどくさがり屋の私でもストレスなし
で続けられています。

 

今ひと月ほど飲んでいますが痛いほど
冷たさだった足先の冷えがかなりよくなり
ました。

 

まだまだこれからも楽しみに飲み続ける
つもりです。

 

私の場合は何の問題もありませんでしたが
万が一自分には合わないな・・・・・
と悩むことがあっても大丈夫です。

 

高麗美人には

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

がついています。

 

閉経の年齢が遅くても早くてもそれに
伴う体調の変化をよく知っておけば何
も心配ありません。

 

できることからはじめましょう。