朝起きると顔がパンパンに腫れてたり
夕方近くなるとふくらはぎがだるく
なったり靴やブーツが入りにくくなっ
たり・・・・・

 

女性にとってむくみはどの世代でも
悩みの一つですね。

 

しかし閉経間近になってくるとこの
むくみが特にひどくなったりします。

 

今回は閉経とともにひどくなるむくみ
についてお話しします。

 

閉経前後のむくみの原因と対処法について

この時期のむくみは基本的に水分の代謝
の機能がうまく働いていません。

 

そもそもむくみが発生するのはどうして
でしょうか?

 

自律神経が乱れるために老廃物を身体の
外に出す働きが低下して、血液やリンパ
の流れが滞ってしまうことが原因です。

 

閉経前後の自律神経が乱れる理由とは?

閉経が近くなると女性ホルモンのエスト
ロゲンが急激に減ってきます。

 

そのせいで自律神経のバランスが乱れます。

 

それによってもともとは体の外に排出さ
れるべき老廃物や水分がうまく排出され
ずに溜まってしまいむくみを作り出します。

 

自律神経の乱れは他にも身体の機能を
低下させます。

 

血行が悪くなるのもその一つです。

 

むくみが起こる理由を知りましょう

むくみのことを医学用語で「浮腫」と
言いますが、浮腫が起こる原因は体の
中の水分がうまく巡っていないからです。

 

水分といっても血液の中や細胞の中に
含まれる水分も含まれます。

 

自律神経が乱れて血行が悪くなることと
年齢を重ねることで筋肉量が減るので熱
を作ることができなくなり代謝がうまく
いかないのも理由の一つです。

 

自律神経は体温調節も行ってくれます。

 

しかし、閉経の時期には自律神経がうま
く機能しなくて血行が悪くなります。

 

そこで出てくるのが「冷え」です。

 

この「冷え」もむくみには大きく関係し
てきます。

 

自律神経の乱れで体内の血流がうまく
回らず一方的に上半身だけに熱が集中
してホットフラッシュやほてり、発汗
が起きます。

 

かと思えば下半身にはうまく血流が行き
届かず「冷え」の症状が起こってしまう
のです。

 

加齢で筋肉が減ることでも血流は弱く
なりますが、自律神経の乱れでも血流が
滞る事態が発生するのです。

 

そして冷えが発生したら血液だけでなく
リンパの流れも悪くなる。

 

そしてむくみになる

 

更年期のめぐりが悪くてむくむ悪循環

ホットフラッシュのように顔がほてった
りたくさんの汗をかくと水分はますます
失われていきます。

 

そうなると体の中の水分をこれ以上減ら
さないように細胞の中に水分をため込も
うとする働きが出てきてそれもむくみに
つながります。

更年期の時期のむくみの改善方法は?

更年期閉経前後のむくみはホットフラッ
シュや冷えなどの症状も同時に改善して
いくことが重要です。

 

更年期の症状に関係している女性ホルモ
ンが減るのはどうしようもありません。

 

それによって自律神経の乱れが起こるの
も仕方ありません。

 

ですが、女性ホルモンの減少をゆるやか
にして自律神経を整える働きを回復させ
ることはできます。

その成分が

サポニン

です。

 

サポニンは通常の生活であれば摂った方
がいい量のきまりはありませんが、

更年期の改善

となると一日100~200mgほどとるのが
いいと言われています。

 

これを食品で摂ろうとするなら、食品の
中でも比較的サポニンの含有量が多い

「大豆」

を1日100gほどこれを毎日摂る必要が
あります。

 

毎日大豆100gを摂り続けるのってとても
大変です。

 

もどしてゆでて調理して、そして毎日だ
なんてお米じゃないんで飽きてしまいます。

 

おまけにサポニンと言う成分は水溶性
なので水に溶けてしまいます。

 

大豆を戻したりゆでたり煮ている間に
大切なサポニン成分は流れ出てしまう
ので体内に効果的に摂り入れるのは難
しいんです。

 

ゆで汁までしっかり飲み干して摂り続
けますか?

 

でも大丈夫です!

 

サポニンを効果的に摂り入れる方法なら
あります。

 

サプリメントです。

 

自律神経の乱れを正常に整えるサポニン
の成分をたくさん含んでいるのは

高麗人参

です。

 

高麗人参は大豆のなんと

7.7倍

もの量のサポニンを含んでいます。

↓  ↓  ↓

 

閉経前後の不調をはじめ、むくみを改善
するのなら高麗人参を使ったサプリメン
トがおすすめです。

 

むくみをどうにかしたい場合は冷えを
改善してくれるものが特にいい
ですね。

↓  ↓  ↓

「美健知箋」

 

美健知箋高麗人参のほかにポリフェノ
ール
や体を温める成分の生姜を配合して
います。

 

体のめぐりを改善して冷えをとり、体調
を整えながらむくみも取っていきましょう。

 

閉経前後の時期は冷えやむくみなどの一
つ一つの症状を改善するよりも更年期全
体の不調に働きかけて身体全体のめぐり
を改善してあげることを重視しましょう。