人は年齢を重ねるとともに身体の様々な
機能が衰えます。

 

また栄養分をしっかり体の細胞に作り変
える働きも衰えますので加齢とともに
骨もスカスカになってしまいます。

 

閉経の時期にさしかかったらぜひ

「骨粗しょう症」

の予防にも関心を持ってほしいものです。

 

閉経の時期に大切な骨粗しょう症予防の理由と対策について

女性ホルモンが急激に減る更年期の時期
には骨密度も低下していきます。

 

更年期を終えると老年期がやってきます
が、この時に骨折をすると寝たきりにな
ったり日常生活に支障をきたしたりする
ことになります。

 

ですので閉経前後の更年期の時期から
さっそく

「骨粗しょう症」

の予防に目を向けておく必要があります。

 

女性ホルモンの働きと閉経後の変化について

女性ホルモン、エストロゲンには骨を
増殖させる骨芽細胞を刺激する働きが
あります。

 

しかし閉経によってこのエストロゲン
が減少すると骨芽細胞が刺激されなく
なって骨量が減少してしまうのです。

 

またエストロゲンの減少によって腸の
絨毛組織が破壊されてしまうので、骨
の成分であるカルシウムを取り込む力
が弱ってしまいます。

 

エストロゲンが多い時は骨が溶けるの
を防いでくれたのですがエストロゲン
が減っていくと骨も溶けてしまいます。

 

エストロゲンにはコラーゲンを作り出す
力を高めてくれる作用もあります。

 

コラーゲンは骨と骨の組織同士をつなぎ
合わせる接着剤のような役目ですが、
そのコラーゲンの減少によって骨の中身
がスカスカになってしまうのです。

 

閉経前後の更年期になったからといって
すぐに骨粗しょう症になるという訳では
ありません。

 

しかし更年期の様々な症状が

骨粗しょう症

という病気を呼び寄せてしまう可能性が
あります。

 

閉経後の骨量は急激に減少してしまうの
です。

  ↓  ↓  ↓

(引用)骨粗しょう症財団H Pより
http://www.jpof.or.jp/about/sickness/

 

閉経後の骨粗しょう症予防を食い止めるためには?

高麗人参にはエストロゲンに似た作用が
あることがわかっています。

 

体内に高麗人参を取り込むことでエスト
ロゲンと似た働きをしてくれるのです。

 

その結果、骨芽細胞を刺激し骨量が減っ
ていくのを予防することができるという
ことです。

 

また高麗人参はコラーゲンを作り出して
くれますので骨の組織同士をつなぎ合わ
せて骨の中身がスカスカになるのを防い
でくれます。

 

また、高麗人参を使った実験で、

「骨粗しょう症予防」

に対する効果を得られたことが
証明されています。

↓  ↓  ↓

引用元)http://www.kouraininjin.net/documents/documents_06.html

 

高麗人参を取り入れたサプリメント
は高麗美人がおすすめです

↓  ↓  ↓

高麗美人は

プンギ産の6年根の紅参

という高級人参を使ったサプリメント
です。

 

サプリメントですがの手軽に始められ
てひと月にかかるお値段も3000円ほど
なのでとても続けやすいです。

 

骨粗しょう症予防として続けていくの
であれば手軽さと経済的だという点は
はずせませんね。

 

今現在だけではなく、今後の自分の骨
の状態もしっかり管理して健康な毎日
を過ごしていきましょう。