閉経は生理が終わること。

 

簡単に言うとそうなりますが、では正確
な基準は存在するのでしょうか?

 

自分が閉経になったのかどうかって気に
なることだと思います。

 

でもそれを調べる方法があるのかどうか
ということも気になりますよね。

 

閉経基準についてお話しします。

 

閉経の基準と言われる目安は何?その判断基準を知りたい

閉経かどうかを判断していくのにはいく
つかの身体の変化があげられます。

 

その一つが毎月来ていた生理です。

 

40代に入ってから生理の周期が乱れ始め
て間隔が開いたり、狭まったりしてくる
と閉経が近づいてきている可能性もあり
ます。

 

そして一度の生理での出血量がとても多
くなったり逆に少なくなったりすること
もあります。

 

婦人科などで血液検査を行ってもらうと
閉経に近いかどうかという判断はできる
ようです。

 

しかし一番の決め手となっているのは
後の生理から一年経っても生理が来なく
なった場合

 

医学的にはこの判断基準が一番重要視さ
れているようです。

 

閉経するのは卵巣の機能が低下して、排
卵しなくなり、出血すら起こらなくなり
ます。

閉経と更年期の関係について

閉経の平均年齢は50歳だと言われてい
ます。

 

そしてこの閉経の前5年から後5年の合わ
せて10年を

更年期

と呼びます。

 

45歳~55歳の間ということですね。

 

この更年期の時期は閉経を迎えるという
大事な時期でもあり、この間に起こる心
や身体の変調を受け入れて生活していく
必要があります。

 

閉経って生活にどんな影響があるの?

閉経というのは今まで体調を整えてくれ
ていた女性ホルモンが減少してしまうこ
とで身体の機能が追いつかなくて心にも
身体にもつらい症状が出てくる時期に重
なってしまうのです。

 

具体的な症状は

  • のぼせ
  • ほてり
  • ホットフラッシュ
  • 冷え
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 関節痛
  • 動悸
  • 息切れ
  • 目まい
  • イライラ
  • うつ
  • 不安感

などがあります。

 

閉経前後に何年もの間つらい症状で悩み
続けることになる場合もあります。

 

誰にでも起こるわけではありません。

 

しかし、今までの女性ホルモンのエスト
ロゲンが閉経前後に大きく減少すること
って女性として身体に大きな影響を与え
る原因になっているのは事実です。

↓  ↓  ↓

これで元気に若々しく過ごせるのなら
いいのですが、卵巣の機能が低下して
女性ホルモンが新たに作り出せなくな
ることで自律神経も大きな影響を受け
てしまいます。

 

心と身体のバランスが崩れるってこと
は毎日の生活ですら順調に流れなくな
ってしまうんです。

 

ただ閉経前後の時期を迎えた、ただ更
年期になった、それだけで今まで何の
問題もなかった生活が乱れていくのです。

 

つらいことです。

 

おまけに自分の力では新たな女性ホルモ
ンは作れません。

 

何か改善しようと思ってもその精神的な
やる気でさえ削がれてしまうのです。

 

ですので更年期の時期に考えたり努力す
る必要がある方法は実行が難しいのです。

更年期の不調を改善するためにできる簡単なこととは?

では更年期という時期でも簡単に取り組
めることはないのでしょうか?

 

急に乱れてきた身体の様々な機能を取り
戻したり、生活を穏やかに元気に過ごす
方法はないのでしょうか?

 

ただつらい、つらいと何年も過ごしてい
くしか、我慢していくしかないのでしょ
うか?

 

いえ、更年期の時期を乗り越えるために
はいくつもの方法があります。

 

  • ホルモン補充療法
  • 漢方薬治療
  • サプリメント

 

これらは更年期の時期のつらさを改善す
るためにとられる方法です。

 

ホルモン補充療法は足りなくなったホル
モンをそのまま補ってあげるという理に
かなった方法です。

 

病院を受診して治療を受ける事ができます。

 

即効性があり、効果が得られた場合は早い
段階で改善できる凄い方法です。

 

ですが・・・・・

 

薬ですので副作用もあります。

 

ホルモン補充療法を受けることで

  • 血栓(血が固まる)による病気
  • がん

のリスクが高まります。

↓  ↓  ↓

 

(クリックで拡大します)

引用元)https://www.iyaku-j.com/iyakuj/system/dc8/index.php?trgid=12093

これは

米国国立衛生研究所
(NIH:National Institutes of Health)

の支援のもとに,閉経後女性に対する

ホルモン補充療法
(HRT:hormone replacement therapy)

のリスクと有益性を明らかにすることを
目的として,米国において8.5年の計画
で実施されていた研究結果によるものです。

 

漢方薬治療はどうでしょうか?

 

漢方薬は症状よりも飲む人の体格や体力
などをもとに体質を改善してつらい症状
を改善していくという方法です。

 

漢方薬というと、副作用がそれほどひど
くないようなイメージですが、これもお
薬です。

 

きちんと医師の診断のもとで決められた
用法と容量を守って服用していく必要が
あります。

 

副作用心配もありますし、受診の手間も
かかります。

 

それに自分に合うか合わないかを実感
できるまでには最低でも2週間はかか
りますし、効果が感じられない場合は
また違う薬を処方してもらう必要があ
ります。

 

現在は漢方薬もドラッグストアで買え
るものが多いです。

 

ただ医師の処方でなく自分で購入する
場合は保険など効きませんので、高額
になる可能性もあります。

 

これらのことを考えると一番取り入れ
やすい改善方法は

サプリメント

ということになります。

 

サプリメントにも種類が多くどれを選ん
だらいいのかわからないという悩みが起
こります。

 

女性ホルモンの働きに近い作用を起こし
てくれて、副作用もなく、安心して飲め
るものが一番有難いですよね。

 

女性ホルモンに似た働きをしてくれるの
が高麗人参です。

↓  ↓  ↓

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

ここには、高麗人参が

植物エストロゲンの一種と考えられている

と書いてあります。

 

私がおすすめするのは
「高麗美人」です。

↓  ↓  ↓

高麗美人は

韓国プンギ産の6年根の紅参

という高品質の高麗人参を使ったサプリ
メントです。

 

サプリメントであれば一日に決まった量
を飲むだけで済みますし、副作用の心配
もなく安心です。

 

高麗美人は万が一身体に合わないかもし
れないという不安を持つ人にも優しいサ
プリメントです。

 

30日間返品保証制度

↓  ↓  ↓

がついています。

 

閉経前後につらい思いをするのはあなた
だけではありません。

 

しかし、同じ過ごすのなら少しでも元気
に気持ちも穏やかに過ごしたいものです。

 

手軽に始められて続けやすいサプリメン
トで毎日の生活を笑顔にしていきましょう。