閉経が近くなってくると私達の身体には
様々な症状が現れます。

 

それは動悸や息切れがしたり、顔がカ~
っと熱くなったり汗をたくさんかいたり
・・・・・。

 

頭痛や肩こりがひどくなる場合もありま
すし、中には身体はどうもないけどやた
らとイライラしたり、ちょっとしたこと
で落ち込んだりという気分の浮き沈みが
あったりする場合もあります。

 

これは更年期と呼ばれる時期に起こる症
状です。

 

このつらい症状を改善するのに漢方薬は
どう働いてくれるのかを考えてみたいと
思います。

閉経にともなう不調を漢方で何とかしたい

更年期の症状は放っておくとつらい毎日
をおくることになりますし、気分がふさ
ぎこんで引き込もりがちになってしまい
ます。

 

生活を何とか送れるのであれば病気と言
う訳ではないのでついつい我慢してしま
う場合もあるようです。

 

しかしつらい症状を毎日抱えながら生活
していくのは健康にも良くありません。

 

一緒に過ごす家族にも影響を与えます。

 

生活に影響が出るようならそれは治療が
必要です。

 

閉経前後の不調に漢方を試してみたいと
思う人も多いでしょう。

 

漢方薬のメリットとデメリット

漢方薬はお薬の中でも比較的ゆるやかな
効き目だと思われることが多いです。

 

漢方薬と西洋のお薬の違いは症状だけを
考えて治療していくのではなく、一人一
人の生活習慣や体質、体格、時には性格
的なこともふまえて総合的に体質改善を
行っていくという治療法です。

メリットとしては

  • 副作用が一般の薬よりも出にくい
  • 一度自分に合うお薬が見つかれば症状の改善が見込める。
  • 一つの症状だけでないのでその他の身体の調子も整ってくる

 

デメリットとしては

  • 西洋医学のお薬のように即効性がない
  • 自分に合う薬がみつかるまでは色々試す必要がある
  • 医師の処方でないと高額で続けるのが困難
  • 病院へ通院する必要がある

などがあげられます。

 

更年期の症状は毎日続くとつらいです。

 

長い場合は何年も続く人がいます。

 

もし生活ですらまともにできないような
重度の症状であればすぐにでも婦人科を
受診して相談したほうがいいでしょう。

 

その場合、漢方薬の希望があればしっか
り告げることが必要です。

 

受診する際にその病院が漢方薬を扱って
いるかどうかを確認してからのほうがい
いですね。

 

通院するのが大変だったり、自分に合う
お薬がみつかるまでは症状のつらさと向
き合っていかなくてはなりません。

 

現在の症状が軽くて、今後ひどくならないように対策を考えるなら

更年期の症状はひどい場合を

「更年期障害」

と言って、すでに病気の一つとして診断
されます。

 

しかし、生活は何とか送れるしちょっと
不調だとか、気になる程度であれば日常
から簡単に取り組める予防策もあります。

 

私がおすすめするのは高麗人参を使った
サプリメントです。

 

中でもサプリメント初心者さんには

 

こちらがおすすめです
↓  ↓  ↓
「高麗美人」

高麗美人は

韓国プンギ産の6年根の紅参

という高麗人参を使ったサプリメントで
すが、この高麗人参というのは植物性エ
ストロゲンと言われていて女性ホルモン
エストロゲンに似た働きをしてくれます。

 

ですので閉経前後の女性ホルモンが激減
した状態のサポートをしてくれるという
わけです。

 

もともとこの女性ホルモンエストロゲン
が減ったことで不調が現れるのですから
それに似た働きを持つ成分を身体におぎ
なってあげれば不調が緩和されるのです。
 ↓  ↓  ↓

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

高麗人参は植物性エストロゲンの一種で
あり、更年期障害の緩和の目的で利用さ
れるとあります。

 

サプリメントなら副作用もなく安心です。

 

病院へ通院する必要もありません。

 

毎日手軽に簡単に続けられます。

 

生活の習慣の中にサプリメントを飲む
ことを組み込んでしまえばいいのです。

 

これで閉経前後のつらくてしんどい症
状を改善できるとしたらとても楽です。

 

病院に通院して治療を受けることと
比べればお金もかかりません。

 

万が一、身体に合わないかもと心配な
場合は「高麗美人」の

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

制度を利用することができるので安心
です。

 

閉経前後には身体だけでなく心の変化
も出てきます。

 

つらい症状に押しつぶされる前に予防
としてもサプリメントを活用していく
といいなと思います。

 

更年期を元気に過ごしていきたいですね。