女性にとって、顔にできるシミは大問題
です。

 

鏡を見ていて、ふと気になるシミ。

 

毎日少~しずつ濃くなるからあまり気に
していなかったけど、40代に入ってから
かなり気になってきた・・・・・

 

なんて場合もあるのではないでしょうか?

 

年齢を重ねるとともに肌も老化していき
ますのでシミやしわは少しずつ増えても
しょうがないのですが、閉経とともに薄
くなるシミがあるって知ってましたか?

 

肝斑(かんぱん)と言います。

 

閉経とともに薄くなる肝斑について

肝斑は頬の上辺り、目じりの横にできや
すいシミです。

 

肝臓の形をしていることからこの名前が
ついたそうです。

 

この肝斑が閉経すると薄くなるのです。

 

通常、シミは年齢とともに濃くなること
はあっても、治療したりケアをしないで
自然に薄くなっていくことはありません。

 

それが閉経を境に薄くなっていくという
ことはこのシミには女性ホルモンが関係
しているということなのでしょうね。

 

しみができる原因やしくみと肝斑との違い

通常のシミに関しては紫外線を浴びたこ
とでその攻撃をやわらげるためにメラニ
ンという色素がたくさん増えていきます。

 

肌が健康で若い場合は古い細胞と一緒に
メラニンが排出されるので問題ないので
すが、年齢を重ねて肌が老化したり、必
要以上の紫外線やストレスなど肌にダメ
ージを与える環境にさらされたときに、
増えすぎたメラニンがそのまま肌に残っ
てしみをつくります。

 

また加齢によって新陳代謝が悪くなり、
肌の再生能力が落ちて(ターンオーバー
周期が長くなって)そのまま古い肌の細
胞とメラニンが残ってしまいしみになっ
てしまうのです。

 

ですが、肝斑は年代が

30代~40代

に集中していて、通常のシミ対策で改善
しません。

 

  • ピルを飲んでいる人
  • 妊婦さん

 

に多くみられて、閉経後の高齢者にはほ
とんどみられないことから、女性ホルモ
ンが大きく関係しているシミだと言われ
ています。

 

ですので若い頃肝斑に悩んでいた場合で
も閉経とともにシミが薄くなることも多
いようです。

 

治療法としては

飲み薬として

  • ビタミンC
  • トラネキサム酸

をとることと、レーザー治療がおすすめ
です。

閉経してもシミが薄くならないわけとは?

これは肝斑だと思っていたけれどそうで
はなかったという場合です。

 

または、肝斑もあったけど、同じ場所に

「老人性色素斑」

などのシミがあると、シミ全体としては
少しも改善されていないように感じるか
もしれませんね。

 

もしも肝斑であれば閉経近くなれば薄く
なっていくのではないでしょうか?

肝斑同様女性ホルモンが関係する更年期

肝斑は女性ホルモンが影響しているシミ
だと言われています。

 

閉経による女性ホルモンの減少によって
改善されていきます。

 

しかし、閉経による女性ホルモンの影響
で逆に症状がひどくなるものもあります。

 

それが

「更年期症状」

です。

 

閉経の平均年齢は50歳くらいですが、
その前後5年ずつ、合わせて10年を
「更年期」と言いこの時期には心や身
体に不調があらわれることが多いです。

 

更年期にあらわれる症状ですので、

「更年期症状」

と言いますし、この症状がひどいせいで
生活を送るのにも障害が出るほど重症に
なると

「更年期障害」

という病名に変わって専門の病院(婦人
科など)での治療が必要になってきます。

 

更年期の症状は

  • のぼせ
  • ほてり
  • 冷え
  • 発汗
  • 頭痛
  • 動悸
  • 目まい
  • イライラ
  • 不安感
  • うつ

など様々な種類があり、どれをとっても
つらいものばかりです。

 

おまけに症状がひとつだけでなくいくつ
も重なるものもあります。

 

ですが、何とか生活を送れていればつい
我慢してしまうんですよね。

 

病院にいくほどではないし、薬を飲むほ
どはつらくない。

 

でも毎日スッキリしない・・・・・

 

何となくゆううつ・・・・・

 

ですので少しでも改善していくことで生
活を元気に健康に過ごすことができるよ
うになります。

 

更年期の症状は女性ホルモンエストロゲ
ンが激減することで起こります。

 

その女性ホルモンが減ると不調になるのが

自律神経

です。

 

自律神経が乱れるから色々な症状が出て
くるのです。

 

自律神経を整える為には?

乱れた自律神経を整えてくれる成分をお
ぎなってあげましょう。

 

それが

薬用人参

です。

 

自律神経を整えてくれる働きに薬用人参の

サポニン

と言う成分があります。

↓  ↓  ↓

引用元)http://biosciencedbc.jp/dbsearch/Patent/ipdl.php?dir=aqMC2/daJCUQUcfxbY1RctiJCLAddQsshLrzaNZyolSBi14OPaR8GnBZHvDf7ZXvvoQjDc2atzUvnvIpBmgILK8I9HIHoTvV&file=VGPdNHTSFPRObU2pPLUSmjuwQ==

 

薬用人参の中にはこのサポニンがたくさ
ん含まれていて自律神経を整えてくれる
働きがあるんです。

 

薬用人参の中にも

  • 高麗人参
  • 田七人参

がありますが、田七人参は特に
サポニンの含有量が高いんです。

 

 

ですので私がおすすめするのは
「白井田七」です

↓  ↓  ↓

この白井田七こそが

田七人参

を使ったサプリメントなんです。

 

サプリメントですので即効性はありませ
んが、飲み続けることで自律神経を整え
身体の中のめぐりをよくしてくれます。

 

食品ですので副作用の心配もありません。

 

万が一私には合わないかもしれないとい
う不安がある場合は

15日間返金保証

↓  ↓  ↓

がついていますので初めて試す場合も
安心です。

 

我慢できるくらいの不調も毎日続くと
つらいものです。

 

そのつらさが気持ちまでむしばんでい
きます。

 

閉経が近くなってきたと自覚がある頃
から始めるのがいいです。

 

サプリメントは改善策にもなりますが
予防対策にもなってくれます。

 

自分の健康は自分で守っていきましょう。