生理が終わることを閉経と言います。

 

小・中・高で始まり、40代~50代のどこ
かで閉経する人が多いようです。

 

人によっていくつで閉経するのかは様々
です。

 

これは必ずしも同じようになるとは限り
ません。

 

人間の身体はデリケートです。

 

「必ずしもこの期間」というものは
存在しません。

 

ただ女性であればいつかは閉経します。

 

その時に自分の身体がどういう変化をた
どるのか知っておくことはその後の生活
を前向きに乗り切ることにつながります。

 

今回は閉経いくつで起こるのかとその時
に考えることについてお話しします。

 

閉経が起こるのはいくつぐらいが多いのか?

日本人女性の閉経年齢の平均は

50歳

と言われています。

 

これはあくまでも平均ですので早い人は
40代はじめから遅い人は50代後半の場合
もあります。

 

ちなみに30代でも閉経する人もいますし
60代まであったという女性もいます。

 

ですので平均はあくまでも平均。

 

自分がいくつで閉経するか?

 

と心配することよりも閉経によって
身体がどう変化していくかを知ること
のほうが大切ではないでしょうか?

 

閉経による生活の変化を受け止めて
元気で心も身体も健康な生活を送る
ことが重要です。

閉経と更年期の関係について

閉経の平均年齢は50歳だと申しました
がどうなれば閉経なのでしょう?

 

最後の生理から一年間生理がない状態

 

を閉経と言います。

 

では閉経すれば更年期に突入するの
でしょうか?

 

いえいえ、更年期と呼ばれるのは

閉経の前5年、後5年、合わせて10年

の期間のことを言います。

 

ですので大体45歳~55歳を更年期と
呼ぶようです。

 

閉経前後の身体の変化と心の変化

気になるのが身体と心の変化です。

 

具体的にどのような症状があるのでしょ
うか?

 

身体の変化

  • ホットフラッシュ
  • のぼせ
  • ほてり
  • 発汗
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 動悸
  • 息切れ
  • めまい
  • 冷え
  • 関節痛
  • 耳鳴り
  • 不眠
  • 疲労感
  • 味覚障害
  • 物忘れ
  • 視力低下
  • ドライマウス
  • ドライアイ
  • 食欲不振
  • 抜け毛
  • 性交痛

 

心の変化

  • イライラ
  • おっくう
  • だるい
  • 面倒
  • 集中力がない
  • 気分のムラ
  • カッとなる
  • 不安感
  • 憂うつ感
  • パニック障害

これ全部ですか???

 

人によってはほとんど症状が出ない場合
もありますが、複数の症状に悩まされる
場合もあります。

ちなみに私が一番ひどかったのは

  • ホットフラッシュ
  • のぼせ
  • ほてり
  • 頭痛
  • 冷え
  • イライラ

です。

こんなに症状が多いと不安だし心配に
なってしまいますよね。

 

閉経って、更年期って、

 

どうにもならないの?

 

残念ながら女性みないつかは閉経します。

 

だけど人によって症状の出方が違うのは
女性ホルモンエストロゲンの分泌が減る
スピードによるとも言われています。

すなわち

女性ホルモンはみな減っていくけど、
そのスピードをゆるやかにしてあ
げる
ことでつらい症状が緩和される。

ということです。

閉経前からやっておいたほうがいいこと

閉経前からすでに更年期に入っている
ということになります。

 

ですので目安としては生理周期がバラ
バラになってきたら自分の身体の変化
が出てくるかもしれないと意識して
ほしいのです。

 

閉経前から意識することで少しでも
女性ホルモンの減っていくスピードを
ゆるやかにできますし、自分の心構え
があれば不安になることもありません。

 

具体的に女性ホルモンの減少をゆっくり
にするには何を改善すればいいのでしょう?

 

少なくなっていくホルモンを補うと
いうことであれば

 

  • ホルモン補充療法
  • 植物性エストロゲン

 

という方法があります。

 

ホルモン補充療法は婦人科などの
医療機関で受ける治療です。

 

メリットは即効性があることです。

 

ただいくつかのデメリットもよく
考える必要があります。

 

  • まず薬を使う治療なので副作用の
    可能性があること。
  • 医療機関で通院しながらの治療
    なので何度も病院に行く手間と
    お金と時間がかかること

そして問題の副作用ですが、

ホルモン補充療法を受けることで

  • 血栓(血が固まる)による病気
  • がん

のリスクが高まります。

↓  ↓  ↓

 

(クリックで拡大します)

引用元)https://www.iyaku-j.com/iyakuj/system/dc8/index.php?trgid=12093

 

これは

米国国立衛生研究所
(NIH:National Institutes of Health)

の支援のもとに,閉経後女性に対する

ホルモン補充療法
(HRT:hormone replacement therapy)

のリスクと有益性を明らかにすることを
目的として,米国において8.5年の計画
で実施されていた研究結果によるものです。

 

そしてもう一つの植物性エストロゲン
ですが

このエストロゲン様の働きをするものに

「高麗人参」

があるんです。

↓  ↓  ↓

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

ここには、高麗人参が

植物エストロゲンの一種と考えられている

と書いてあります。

 

それなら高麗人参をうまく取り入れ
ればいいということになります。

 

高麗人参は漢方薬にも使われる
植物の根っこです。

 

それを食事などでとるのは無理が
あります。

 

そこでおすすめなのが

サプリメント

です。

私がおすすめしたいのは
「高麗美人」です

↓  ↓  ↓

高麗美人は高麗人参を使った
サプリメントです。

 

女性ホルモンの減少をゆるやかにして
くれ、身体のめぐりを改善してくれ
るんです。

 

閉経に向けて少しずつ減りゆくホルモン
の働きをサポートしてくれます。

 

今現在更年期のつらい症状がある場合
でも、これからの生活に備えたい場合
でもどちらにも力を発揮してくれます。

 

高麗美人は食品です。

 

お薬ではありません。

 

即効性はないかもしれませんが、

副作用

もありません。

 

飲み続けることで体調を整えてくれ
るというわけです。

 

万が一身体に合わない場合には

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

がついていますので初めてサプリメント
を試す場合も安心です。

 

閉経によって生理がなくなり

(あ~スッキリした!)

という感覚だけでなく様々なつらい症状
を感じる場合もあります。

 

そんな時に何か自分で改善策を一つでも
知っておくといいですね。

 

サプリメントもその一つです。

 

あなたの助けになれば嬉しいです。