閉経が近づくにつれて自分が何だか年を
とっていくような気持になったりしま
せんか?

 

閉経する頃って何となく空虚感を感じ
たり、わけもなくイライラしたりします。

 

でも、これは閉経前後の更年期であれば
誰にでも起こりうることなのです。

 

あなただけではありません。

 

今回は閉経に伴うイライラについて
お話しします。

 

閉経が近づくとイライラしてくるのはどうして?

閉経が近づくと女性ホルモンの分泌が
減ってきます。

 

そうなると、自律神経がバランスよく
働いていたのにバランスが乱れてしま
います。

 

それで身体や心に様々な不調が出て
くるのです。

 

自律神経は自分の力ではどうする
こともできません。

 

自律神経がきちんと働いてくれれば昼は
活動的で元気に過ごせるように交感神経
が優位に働き、夜は心身を休めるために
リラックスモードに入る副交感神経が
優位になります。

 

一日のバランスがとれることで心も身体
も穏やかに過ごせるのです。

 

しかし閉経前後の女性ホルモンの量が低
下してしまうと自律神経の交感神経と
副交感神経がうまく切り替わらなかった
りします。

 

その結果いつまでもリラックスできずに
緊張感や興奮状態が続いてイライラが
起こったり、心臓がドキドキして不安感
が強くなったりするのです。

 

イライラすると生活がつらくなる

イライラが続くと自分もつらいですが、
家族もつらいです。

 

何でもないことで腹が立ったりケンカ
ごしになったり・・・・・

 

言い争いになったり、ちょっとしたこと
で口論になったり家庭内の雰囲気も
メチャクチャです。

イライラの予防と改善について

イライラする気持ちは自律神経の乱れ
からくるものです。

 

ですので自律神経を整える環境を作って
あげることで改善できます。

 

それには

  • 食事の改善
  • 運動の改善
  • 睡眠の改善
  • 入浴方法の改善

などがあります。

 

自律神経を整えるには・・・・・

食事で自律神経を整えようと思えば
びっくりするほど多くの栄養素をとらな
ければなりません。

  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • 食物繊維
  • 刺激のあるもの
  • 発酵食品

 

そして運動は勝負性の強いものは避けて
ストレスなしで楽しめるものを選ぶ

 

睡眠は、寝る時間と起きる時間を少し
ずつ早めて早寝早起きの習慣にすること。

 

寝る前の行動は脳が働いてしまうような
テレビやパソコン、ゲームなどは控える

 

お風呂の入り方はシャワーでなく、
ぬるめのお湯にゆったりとつかる。

 

食事を考えて・・・・・

(栄養素の種類が多すぎて組み合わせを
考えるだけでも面倒だし!)

運動を取り入れて・・・・・

(外に出るのおっくうだし!)

睡眠の時間を考えて・・・・・

(イライラしてて眠れないし!)

お風呂はシャワーダメ???

これダメあれダメでストレス
たまっちゃう!!!

 

イライラしないようにするには、環境を
整えて副交感神経が働きやすいように
整えてあげることって大事です。

 

でも食事の栄養を考えて献立を決めて
適度な運動にお風呂も時間が決まって
寝る時間も起きる時間も・・・・・

 

なんだかめんどくさい!!!

 

そう思いませんか?

 

ストレス軽減のための環境を作るために
逆にストレスがたまりそうな改善方法に
思えます。

 

それに生活習慣というのは、一日二日で
すぐに変わるものではありませんし、今日
お風呂でゆったりくつろげたからといって
明日からイライラが治るというものでも
ありません。

 

もっと簡単に手軽に始められることって
ないのでしょうか?

 

イライラする気持ちを抑えてくれる成分を
身体に入れてあげればいいのです。

 

イライラする気持ちのもとは自律神経の
乱れです。

 

ならば自律神経を整えてくれる栄養素を
摂り入れればいいわけです。

 

そこで登場する成分は

サポニン

です。

 

サポニンは植物の根っこなどに含まれる
苦み成分です。

 

通常は摂った方がいい量のきまりは
ありませんが、更年期の改善となると
100~200mgほどとるのがいいと
言われています。

 

これを食品で摂ろうとするなら、食品の
中でも比較的サポニンの含有量が多い

「大豆」

を1日100gほどこれを毎日摂る必要が
あります。

 

いくら身体にいいとは言っても毎日
大豆なんてあきてしまいますよね。

 

そこでおすすめなのが

サプリメント

です。

 

イライラするのを抑えてくれる成分
として高麗人参のサポニンが優れた
力を発揮してくれます。

 

ですので私がおすすめするのは
高麗人参のサポニンがたくさん含ま
れているこちらのサプリメントです。

↓  ↓  ↓

白井田七

このサプリメントは

田七人参

を使っています。

 

田七人参はサポニンの含有量が多く
高麗人参の7倍もあるそうです。

 

(ちなみに高麗人参のサポニン含有量は
大豆の7.7倍とも言われています。)

 

田七人参は高麗人参とは別物ですが
日本や中国で栽培されてきた和漢素材
で、高麗人参と同じ「ウコギ科」の
植物になります。

 

とても貴重な素材なのに製品の98%に
田七人参を使用。

 

残り2%は有機玄米をつなぎとして
使っているだけです。

 

田七人参は身体のめぐりをよくしてくれ
る和漢素材です。

 

しかし万が一合わない場合には

 

15日間の返金保証があります。

↓  ↓  ↓

ですので安心して試してみることが
できます。

 

自然そのものの力と高麗人参の7倍の量
誇るサポニンの働きであなたのイラ
イラ
を解消しましょう。