閉経が近くなると生理周期がバラバラに
なってきます。

 

そもそも生理が来る時って下腹部が重だ
るいような感じと痛みがある場合があり
ますよね。

 

この痛みで

(ああ、もうすぐ生理が近いな)

と確認できるのです。

 

ただこの時期は

「更年期」

と呼ばれる時期と重なっています。

 

腹痛の原因が乱れ始めた生理によるもの
なのか、それとも更年期の症状の一つ
なのかはっきりしません。

 

原因が違うと対処法も変わってきます。

 

今回は閉経腹痛の関係についてお話し
します。

 

閉経前後の腹痛は何が原因なの?

閉経前は毎月の生理が不順になる時期
です。

 

生理の出血も多かったり少なかったり
期間もダラダラ長く続くこともありま
すし、1~2日ですぐに終わってしま
うこともあります。

 

そんな生理のばらつきに伴って生理痛
のような生理前のPMSのような重だる
い腹痛が起こることがあります。

 

これとは別に女性ホルモンが減少する
ことによって起こる子宮の病気などで
も腹痛が起こります。

 

そして最後に更年期という時期ならで
はの自律神経の乱れによって起こる
腹痛もあります。

 

このように閉経前後の更年期い起こる
腹痛には多くのパターンがありますので
更年期だから放っておいても大丈夫と
安心して病気の存在を見逃さないように
しましょう。

腹痛が起こる子宮の病気って何?

では腹痛が起こる子宮の病気にはどんな
ことがあるのでしょうか?

卵巣がん

40代頃から増加して50~60歳ぐらいまで
がピークとなるものです。

初期では自覚症状がありませんが、進行が
早いため腹痛が起こったときにはかなりス
テージが進んでいたということになりかね
ません。

 

子宮内膜症

通常であれば子宮の内側にできるはずの子宮
内膜(生理の出血として出てくるもの)が
子宮以外の部分にできてしまいます。

生理と同じで定期的に剥がれ落ちるため出血
や下腹部痛が起こります。

閉経すると良くなることが多いです。

 

子宮筋腫

子宮のあちこちに腫瘍ができてしまう
ものです。

悪性ではないのでさほど心配はありま
せんが、生理の出血量が増えたり生理
が長引くもとになります。

下腹部痛も起こります。

閉経に近づくにつれ症状が治まるのが
普通ですが、症状が重くなるようでし
たら大きくなったり悪性化している
可能性があるので注意が必要です。

 

子宮外妊娠

これは生理が完全に終わっていない場合
です。

40代ならまだ妊娠が普通にあり得ます。

生理周期が不順だから妊娠はありえない
と思いこむこともあるようです。

自分でも気が付かないうちに妊娠して
いてそれが子宮でない場所だった場合
大変なことになります。

子宮は赤ちゃんの成長とともに一緒に
大きくなりますが、子宮以外の場所は
その伸縮性がないため、その部分で赤
ちゃんだけが大きくなると破裂したり
することもあり、命の危険が及びます。

妊娠の可能性があるうちは、日頃から
基礎体温などを測っておくとよいですね。

更年期に起こる腹痛って何?

更年期には女性ホルモンが減少してその
影響を身体のあちこちが受けてしまい
ます。

 

その一つが自律神経です。

 

自律神経が乱れると消化器官などの胃や
腸の働きが悪くなったりすることで腹痛
が起きます。

 

過敏性腸症候群

便秘や下痢などと共に腹痛が起きます。

ストレスも原因となることがあります。

 

神経性胃炎

これは腹痛でも胃の辺りですので少し上
のほうですね。

胃酸がたくさん出過ぎて胃壁が傷つき
ます。

みぞおち付近の痛み・胸やけなどの症状

があります。

閉経前後の腹痛が起こったときに大切なこととは?

更年期の時期の腹痛は見極めが大切です。

 

どの部分が痛いのかと腹痛と一緒に起こ
る症状はないかなどしっかり把握しま
しょう。

 

出血も一緒にあるようなら婦人科を受診
したほうがいいかもしれません。

 

痛みがひどくなっていくようならまずは
病院を受診することが確実です。

 

その際に更年期のせいだとわかればそれ
から対策を考えればいいと思います。

 

更年期には腹痛に限らず色々な症状が出
てきます。

 

それを一つ一つ病院に行って診察しても
らうのは大変ですし、

「更年期だからね」

の一言でかたづけられてしまうかもしれ
ません。

更年期の症状が起きたときに自分でできることとは?

腹痛が起こったときに子宮の病気でない
とわかったら自宅でできることを初めて
みましょう。

 

それは、自律神経を整える栄養素を食事
で取り入れてもいいし、自律神経を整え
る軽い運動を取り入れてもいいし、自律
神経を整えるように睡眠をとればいいし。

 

でも献立って、自律神経を整える食材を
考えてみてください。

 

例えばその代表成分サポニンを食事で
とるには大豆なら一日100gを毎日摂る
必要がありますし、ゆで汁ごと食べて
こそやっと意味があるんです。

 

ごぼうにもサポニンは含まれていますが、
皮の部分にこそサポニンが含まれている
ので皮を食べないと十分な栄養をとれない
んです。

 

ごぼうの皮だけ・・・・・なんて
そんな料理って思いつきますか?

 

おまけにサポニンって水に溶けやすい
「水溶性」なので食品から体内に栄養
として取り入れるのはとても難しいん
です。

 

それでも食事で何とかしようと思い
ますか?

 

運動だって身体がだるくて動けないのに
外に出て運動なんてそれこそストレスが
たまりそうです。

 

睡眠だってぐっすり眠りたくても眠れない
くらいイライラが治まらなかったり、汗が
ひどくて目が覚めたりするのに、

 

どうやって質のいい睡眠をとればいいの?

 

その通りです。

 

更年期の時期に自分で改善できる方法が
たくさんあったとしても、心も身体も
ついていかない・・・・・

 

だから更年期なのです。

 

そんなあなたに私がおすすめするのは

「高麗人参」を使った

サプリメントの服用です。

 

身体のめぐりを整えて、自律神経を正常
にするサポート成分をサプリメントで
摂り入れましょう。

おすすめのサプリメントはこちら

↓  ↓  ↓

高麗美人

高麗人参を使ったこのサプリメントは
自律神経を整える働きが高く、更年期
特有の腹痛をはじめだるさやほてり、
めまい、動悸などに力を発揮してくれ
ます。

 

サプリメントなら一日決まった量を
飲むだけでOKの手軽さです。

 

これなら身体がきつくても、気分が
のらなくても続けられそうですよね。

 

サプリメントを初めて頼む不安も

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

がついていれば安心ですね。

 

どうしても自分の体質に合わないと
思ったら返品できます。

 

更年期だからとあきらめていた腹痛や
スッキリしない症状を手軽に改善して
いきましょう。

 

そして毎日の生活を笑顔に変えましょう