閉経間近の更年期と呼ばれる時期になっ
てくると生理の周期が乱れるだけでなく
気持ちの面や身体の面においても色々な
不調が起きてきます。

 

例えばほてりや冷え、頭痛、動悸、めま
いなど。

 

気持ちの面では、イライラや不安感、無
気力感、気分の浮き沈みなど。

 

そしてその辛さから少しでも解放された
いと思うときに治療を考えます。

 

閉経前後のホルモン治療についてお話し
します。

閉経前後のホルモンの治療はおすすめか?その効果は?

女性は40代に入ると、生理周期が乱れ
てきます。

 

そして排卵しない生理になって、やがて
閉経を迎えます。

 

閉経の平均年齢は50歳だと言われています。

 

閉経の前5年、後5年を合わせて10年間を
「更年期」と呼び、この時期に女性ホル
モンの分泌量が減ることで身体のあちこ
ちに不快な症状が現れてきます。

 

ですので早い人であればまだ生理があっ
ているときに症状が出てくるのでPMS
(月経前症候群)や通常の生理のときの
不調だと感じる場合もあるようです。

 

女性ホルモンの減少によって出てくる不
調なので女性ホルモンを身体におぎなっ
てあげて症状を改善しようとするのが

ホルモン補充療法

です。

 

これは病院の婦人科などで行われている
治療で、きちんとした検査や医師の診断
のもとに行われます。

 

更年期の症状に対する効果は即効性があ
り、医師の指示のもと正しく行うことで
安全性も高いものです。

治療の内容と種類

治療の内容としては、女性ホルモンエス
トロゲン単体もしくは黄体ホルモンを組
み合わせることで減少したホルモンを身
体におぎなってあげることで更年期の不
快な症状を改善するものです。

 

種類には

  • 飲み薬(錠剤)
  • 貼り薬
  • 塗り薬
  • 注射

などがあります。

通院頻度と費用、続ける年数などについて

最初は子宮頸がんや体がん、血液検査な
どの検査を行うことが多く日頃年に一回
受けている場合はないこともあります。

 

その検査結果や患者さんの訴えなどから
治療方針が考えられどんなお薬をどう組
み合わせて使っていくのかが決定します。

 

通院頻度は2週間に1回から一か月に1回
くらいでしょう。

 

これは治療内容によって異なります。

 

費用は最初の検査には少しお金がかかり
ますので数千円~数万円という場合もあ
ります。

 

後は保険適用で3割負担となると2~3
千円の目安で大丈夫だと思います。
(あくまでも目安です。)

 

続ける年数は更年期の時期だけという場
合が多いでしょう。

 

閉経後10年くらいまでが治療してもいい
とされている期間のようですが、血栓症
などのリスクを考えると閉経後5年以内
がいいと言われます。

 

これも病院での治療になりますので医師
によって治療期間などの差が出てきます。

 

ただ、治療をやめるということは治療前
の症状がぶり返すこともあるので注意し
ましょう。

ホルモン治療のデメリットについて

薬を使う治療ですので副作用の可能性は
考える必要がありますね。

 

一時期は乳がんのリスクが高まると言わ
れていましたが、現在はホルモン剤の使
い方では逆に乳がんのリスクが下がる場
合もあると言われています。

 

更年期の女性にとって気になる副作用は
心臓や脳に関する病気のリスクです。

 

またホルモンのお薬を使うことで

  • 胸がはる
  • おなかがはる
  • 胃がむかむかする
  • おりものが増える

などの軽度の副作用が出てくることも
あります。

ホルモン治療を受ける場合に大切な事

副作用やリスクはあるものの、きちん
とお医者さんに相談して疑問や聞きた
いことはしっかり効いておくことが大
事です。

 

治療なので今のつらい症状を改善する
ことが一番です。

 

そのために必要なことはしっかり考え
て行動していきたいですね。

更年期症状を改善するための方法について

更年期のつらい症状を改善していくに
はホルモン療法の他にもいくつかあり
ます。

 

  • 漢方薬治療
  • 生活改善
  • サプリメント

 

などです。

漢方薬は症状を一つだけ改善するという
より、体質全般の改善をはかるというイ
メージです。

 

わかりやすく言えば、頭痛がしたときに
西洋医学のお薬はピンポイントで頭痛を
ブロックして痛みを消してくれます。

 

漢方薬は頭痛を起こしている原因、例え
ば血流が悪くて冷えなどと一緒に頭痛が
起こっている場合は血流改善を考えたお
薬によって、冷えも頭痛も改善していく
というイメージです。

 

病院での治療や西洋医学のお薬に比べて
副作用面でのリスクが低いのがメリット
ですが、病院に通院する必要があるのと
人によって効き目に差が出るということ。

 

効果を感じるまでにはある程度の期間が
必要で即効性がないということです。

生活改善では女性ホルモンの減少で乱れ
た自律神経のために食事を改善したり、
適度な運動を取り入れたり、睡眠をしっ
かりとる、ストレスを溜めないなどがあ
ります。

 

お金はかかりませんし、副作用の心配も
ありません。

 

しかし、効果を感じられるのには習慣づ
けていく必要があるので数か月から年単
位の期間が必要であることと、更年期で
無気力感が強かったり、だるさがひどい
時にあれこれやるのには心身共に負担が
大き過ぎると言うデメリットがあります。

サプリメントですが、これは薬ではなく
食品ですので、即効性がありません。

 

ですので飲み続ける必要があります。

 

しかし、家にいて手軽に始められること
と、薬のような副作用を心配しなくても
いいので安心です。

 

それに症状一つだけに着目しているので
はないので、更年期の症状全般の改善に
役立ってくれます。

 

病院代や交通費、薬代に比べて経済的で
もあります。

 

何よりもやることが

「決まった量を毎日飲むだけ」

という手軽さがメリットです。

 

簡単なことでストレスがたまらないこと
が更年期の時期には一番重要です。

ということで、

私がおすすめするのは
「高麗美人」です

↓  ↓  ↓

 

高麗美人は

韓国プンギ産の6年根の紅参

という質のいい高麗人参を使った

サプリメント

です。

 

高麗人参にはサポニンと言う成分が含ま
れていてこの薬用人参特有のサポニンの
集まりを「ジンセノサイド」と言います。

 

ジンセノサイドは植物性エストロゲンの
一種だと言われています。

↓  ↓  ↓

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

ですので高麗人参をうまく取り入れてあ
げれば更年期の症状もやわらげてあげる
ことができるのです。

 

 

サプリメントは副作用の心配がないこと
が嬉しいポイントですね。

 

万が一身体に合わないことがあれば

 

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

 

がついていますので心配なく試すことが
できます。

 

生活を普通に送れないくらいつらい更年
期の症状であれば病院を受診して治療を
受けたほうがいいです。

 

しかし、ちょっと気になるくらいの症状
や予防的な対策としては家にいて手軽に
スタートできるサプリメントなどを始め
てみるのもいいかもしれませんね。