閉経が近くなってくると変化が避けられ
ないものがあります。

 

それは

  • 生理周期
  • 体調

などです。

 

40代にはいる頃から徐々に変化してい
きます。

 

人は変化というものに不安を感じます。

 

しかし、前もってどう変化するのかを
わかっていればそれほど不安に思わな
くてもいいはずです。

 

閉経に向かって生理周期や体調がどう
変化するのかみてみたいと思います。

 

閉経すると変化するものって何がある?

閉経に向かっていくことで変化して
いくものに

  • 生理周期
  • 体調

があるとお話ししました。

 

その二つともに関係するのですが、
大きく変化するものがあります。

 

それは

女性ホルモン

です。

 

卵巣の低下によって女性ホルモンエスト
ロゲンの分泌の量が激減するんです。

↓  ↓  ↓

この女性ホルモンエストロゲンの減少によって

  • 生理周期
  • 体調

が変化していくのです。

生理周期はどう変化するの?

生理周期は閉経に向けて乱れてきます。

 

閉経の平均年齢は50歳だと言われてい
ます。

 

そしてその閉経年齢を挟んだ前後5年ず
つ、合わせて10年間を「更年期」と呼
びます。

 

この更年期期間になると女性ホルモン
の減少により、生理がきちんと排卵で
きなくなり、やがて周期もバラバラに
なり閉経となっていきます。

 

 

生理周期の変化は

  • 周期が長くなったり、短くなったりする
  • 一度の生理で起こる出血の期間が短くなる
  • 一度の生理で起こる出血の量が変わる
  • いくつかの状態が組み合わさって起こる

となります。

 

そして閉経の迎え方も、今まで1か月に
一度だった生理が2回あったり次は3か
月空いたりというように予測がつかな
くなることが増えてきます。

 

徐々に間が空いて、半年、一年と生理
が来なくなり、閉経するパターンもあ
ります。

 

かと思うと、先月まで順調に来ていた
のにパッタリこなくなりそのまま閉経
を迎えるというパターンもあるようです。

 

本当に人それぞれ何です。

 

最後の生理から一年生理が来なくなっ
たら「閉経」とみなします。

体調はどう変化するの?

閉経前後の更年期と呼ばれる時期に起こ
る症状から

「更年期症状」

「更年期障害」

などと呼ばれる状態になります。

 

更年期症状は誰にでも少なからずありま
すが、更年期障害となると、日常生活が
まともに送れなくなったり、仕事に行け
ないくらいひどい場合でこれは病気とし
て診断されます。

 

婦人科などでの治療が必要です。

変化についていけないことでつらい思いをする

更年期の症状には色々な種類があります。

 

一例としてこちらにあげています。

↓  ↓  ↓

閉経の平均年齢を知って心と身体の変化と向き合う

 

これはとてもつらいものです。

 

 

私も

  • ホットフラッシュ
  • 冷え
  • 頭痛
  • イライラ

が特にひどくて毎日辛い思いをしていま
した。

 

閉経に向けての体調の変化を受け止めて改善するには?

更年期の症状は病気ではなく、誰にでも
起こりうることなので仕方ないと我慢す
ることも多いかと思います。

 

しかし、つらい中家事をこなしたり、職
場での人間関係に心傷めたり、毎日身体
のつらさやコントロールできない気持ち
のつらさと闘って過ごすのは大変です。

 

一週間だってつらいくらいです。

 

なのに更年期の不調は人によっては数年
続くこともあるんです。

 

 

身体的な症状でなく、精神的な症状の
場合は

  • イライラする
  • 何でも不安になる
  • どんな些細なことでも気になる
  • すぐに落ち込んだり涙が出る
  • 感情の起伏が激しくなる
  • 憂うつな気分になる
  • やる気が全く怒らない
  • 何もかも面倒になる
  • 誰にも会いたくない

など今まで明るかった人柄が別人のよ
うに豹変してしまうこともあるんです。

これが家族間やパートナー間でのトラブ
ルになって家族がバラバラになることに
もつながります。

 

ほうっておくのはよくありません。

 

できることを始めましょう。

 

これらの症状は女性ホルモンエストロゲ
ンが激減したことによって自律神経が乱
れたために起こったことです。

 

自律神経を整える働きの成分を取り入れ
ていきましょう。

 

自律神経を整えてくれる働きに薬用人参の

サポニン

と言う成分があります。

↓  ↓  ↓

引用元)http://biosciencedbc.jp/dbsearch/Patent/ipdl.php?dir=aqMC2/daJCUQUcfxbY1RctiJCLAddQsshLrzaNZyolSBi14OPaR8GnBZHvDf7ZXvvoQjDc2atzUvnvIpBmgILK8I9HIHoTvV&file=VGPdNHTSFPRObU2pPLUSmjuwQ==

 

薬用人参の中にはこのサポニンがたくさ
ん含まれていて自律神経を整えてくれる
働きがあるんです。

 

薬用人参の中にも

  • 高麗人参
  • 田七人参

がありますが、田七人参は特に
サポニンの含有量が高いんです。

 

 

ですので私がおすすめするのは
「白井田七」です

↓  ↓  ↓

この白井田七こそが

田七人参

を使ったサプリメントなんです。

 

サプリメントですので即効性はありませ
んが、飲み続けることで自律神経を整え
身体の中のめぐりをよくしてくれます。

 

食品ですので副作用の心配もありません。

 

万が一私には合わないかもしれないとい
う不安がある場合は

15日間返金保証

↓  ↓  ↓

がついていますので初めて試す場合も
安心です。

 

更年期の症状は本当につらくなってから
では何もやる気がおきません。

 

このままではダメだという正常な判断で
さえ浮かびにくくなるんです。

 

閉経に向けて体調が変化していくのは
仕方ないことです。

 

ですが、少しでもつらい症状を改善す
るための対策を考えて取り入れておき
ましょう。

 

元気で明るい毎日を送りたいものです。