閉経する年齢は人によって様々です。

 

それは初めての生理が来たのと同じよう
に10人いれば10通りの始まり方や終わり
方があるということです。

 

よく人と比べて早かったとか遅かったと
悩む場合が見受けられますが、こればか
りは様々な要因が重なって決まることで
すので閉経の年齢を気にする必要はない
と思います。

 

閉経の平均年齢は何歳なのでしょうか?

 

閉経の平均年齢と心や身体の変化について

閉経の平均年齢は

50歳

です。

 

早い人は40代前半、もしくは30代
後半から閉経します。

 

遅い人は50代後半に閉経する人も
います。

 

場合によっては60代で閉経する人も
います。

 

ですので閉経が早い人と遅い人では
20年ほどの開きがあるのです。

 

閉経の年齢の平均は「50歳」ですが
あくまでも平均です。

 

多少早くても遅くても気にする必要
はありません。

閉経する前から考えたほうがいいこと

閉経したら何かしなくてはならないの
でしょうか?

 

生活が変わってしまうのでしょうか?

 

閉経が起こることで大きく変わるのは

「生理がなくなること」

です。

 

生理がなくなることはつまり今までと
女性ホルモンのバランスが違う状態に
なってくるということです。

 

ホルモンバランスは閉経前からすでに
くずれはじめます。

 

閉経したら・・・・・ではなく閉経前
から体調に変化があるかもしれない事
を考えておいてほしいと思います。

閉経によって変わる心と身体を知る

女性ホルモンには

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

の2種類あります。

 

閉経と共にこの2つのホルモンの量が
変わってしまいます。

 

よくエストロゲンの量が激減すると
言われていますが、もう一つのホルモン
プロゲステロンも減ってきます。

 

この2つのホルモンは最適な比率があり
それを保つことによって体調を維持して
いました。

 

閉経は、女性ホルモン「エストロゲン」
が大幅に減ることだけでなく、2つの
ホルモンのバランスが大きくくずれて
しまいます。

 

それによって心と身体の機能を保って
くれていた

自律神経

が乱れ、様々な不調が出てくるのです。

 

具体的な心と身体の症状については
こちらの記事を参考にしてください。
↓  ↓  ↓
閉経っていくつでなるの?心や身体への影響を知りたい

閉経前後の時期の大切な過ごし方

今まで頑張っていた女性ホルモンが減る
ことで、閉経前後は心や身体に大きな
負担がかかります。

 

今まで当たり前にできていたことがつら
くてしんどくてやる気さえも起こらなく
なることだってあります。

 

今までと大きく変わることが次々に現れ
身体だけでなく気持ちもついていけなく
なるのです。

 

その結果、毎日の家事や仕事、家族との
コミュニケーションすらすんなりいかず
つらい日々になってしまう場合も・・・。

 

閉経する年齢の前5年間と後5年間の合わ
せて10年間を

更年期

といいます。

 

更年期にはホルモンの関係で色々な症状
が出ても仕方ない時期です。

 

ただその症状の出方も人によって差が
あり何年も続く人もいますし、ほとんど
気にならなくて更年期の時期を過ぎた人
もいます。

 

あまり深く考えすぎてしまうのもよく
ありません。

更年期と呼ばれる時期にできることは?

閉経をはさんだ10年間が更年期の時期
ということがわかっているのに前もっ
て対策はできないのでしょうか?

 

更年期のつらい症状はどうやって出て
くるのでしょう?

 

脳から女性ホルモンを作るよう命令

↓  ↓  ↓

卵巣機能の低下によって作れない

↓  ↓  ↓

脳からさらに作るように命令される

↓  ↓  ↓

それでも作れない

↓  ↓  ↓

命令する性腺刺激ホルモンは異常に
増え続けるのに女性ホルモンのエス
トロゲンは減り続ける

↓  ↓  ↓

身体のバランスを保っている
「自律神経」が乱れ始める

↓  ↓  ↓

身体の調整を行っていた機能が低下

↓  ↓  ↓

次々と体調がくずれはじめる

↓  ↓  ↓

更年期障害になる

 

更年期の症状の程度が違うのはなぜ?

更年期の症状がひどい人もいて、軽い人
もいるのはなぜなの?

 

はい、気になりますよね!

 

更年期の様々な症状が女性ホルモンの
減少が原因で起こることは話しました。

 

その症状の出方は

女性ホルモンの減少のスピード

によります。

 

少しずつホルモンが減っていくのであれ
ば心も身体も少しずつ慣れていって適応
できるのですが、急激に変化すれば脳だ
って自律神経だって心も身体も対応でき
ませんよね。

 

更年期の症状を少しでも和らげる方法

更年期の症状は出ないにこしたことは
ありません。

 

しかしもし出たとしてもそれを改善して
いけばいいのです。

 

もちろん、女性ホルモンの減少をゆるや
かにできて、その上で乱れてしまった
自律神経を整える働きもあれば万全の
対策ですよね。

 

あるんです!

 

その両方を兼ね備えたものが。

 

それは・・・・・

↓  ↓  ↓

↓  ↓  ↓

↓  ↓  ↓

「高麗人参」です

 

高麗人参はエストロゲンと似た働きが
あり取り入れることで女性ホルモンが
激減することを抑制できます。

 

また、自律神経の働きを調整してくれ
る作用もありますのでもし、更年期の
症状が出てきたとしてもつらい症状を
改善していくことが可能なのです。

 

私がおすすめするのは
「高麗美人」です

↓  ↓  ↓

 

高麗美人は高麗人参を使った

サプリメント

です。

 

高麗人参には

韓国プンギ産の6年根の紅参

という品質の高いものが使われています。

 

閉経年齢に関わらず、生理周期が乱れ始
めてきたら自分の心と身体へのサポート
を考えてあげたほうがいいですね。

 

それが更年期をすっきり前向きに過ごせ
る秘訣だと思います。

 

高麗美人は万が一身体に合わないかもと
不安に思う人に対しても

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

を設けていますので安心して試せます。

 

サプリメントは即効性はないものの、
日々の体調を整えていくには副作用の
心配もないので安心です。

 

まだ起こってもいないことで不安を
強め過ぎるのも考え物ですが、あらか
じめできることを考えて備えていくこ
とは今後の生活を楽にすることにつな
がっていきます。

 

明るい更年期を過ごしましょう!