閉経するというのはどんなことなんだろう。

 

まだ閉経ではないけどどんな影響がでる
のかわからないとちょっと不安・・・・・。

 

予測がつけば少しは違うのだけど・・・・・。

 

そう思ったりしませんか?

 

閉経の及ぼす影響は閉経前からすでに始
まっています。

 

閉経がもたらす影響について

閉経する年齢の平均は50歳だと言われて
います。

 

ですが、実際には40代に入る前に閉経し
てしまう人もいて本当に人それぞれだと
思います。

 

閉経によって心や身体、または生活にど
んな影響が出るのでしょうか?

 

早い閉経だと

妊娠や出産

ができなくなります。

 

  • 動脈硬化
  • 骨粗しょう症
  • 肌の老化

 

などが進みます。

 

また閉経せずとも、閉経が近づいてくる
ことで

  • 生理周期の乱れ
  • 更年期症状が出る

などの影響も出ます。

 

こうやってみてみるとつらいことばかり
のように思えますが、つらかった生理痛
やPMS(月経前症候群)に悩まされるこ
ともなくなります。

身体的な老化や精神的なストレスについて

閉経でそうなるというよりも、閉経の年
代では外見上も老化してきます。

 

わかりやすいのが肌の状態や白髪、体力
不足での運動機能や足腰が弱るなど閉経
年齢になると一気に老けた気がして落ち
込む女性も多いようです。

 

何でもないことで落ち込んでしまったり
人と話したくない、外出も面倒だと思っ
たり、今までと違う自分がますます受け
入れられなくてさらに辛い思いをしてし
まうこともあります。

 

この気持ちの変化や環境の変化によるス
トレスがすでに更年期の症状であること
が多いです。

 

自分で気が付かないうちにうつっぽくな
っていたら要注意です。

 

閉経が与える影響って女性にとっては大
きい物です。

閉経への考え方や受け取り方の違い

ですが、同じ年齢で閉経しても急に老け
込んだり、ひきこもったりして人付きあ
いが悪くなる人もいれば、逆に

「元気ハツラツ」

外へおでかけしまくり、色々な趣味をこ
なしたりする人もいるわけです。

 

これは更年期の影響を受けていないのか
更年期の症状をやわらげるような対策を
とっいるかの違いかもしれません。

 

その人のもともともっている社交性など
も関係するかもしれませんが、誰もが更
年期のつらさで引きこもってばかりいる
とは限りません。

 

一番よくないのが

「閉経は怖い」

「更年期はいやだ」

と構えてネガティブにとってしまう
ことです。

 

閉経の影響は人によって現れる度合いが
違うんです。

 

閉経の与える影響を軽減するには

閉経の与える影響はちょっと構えてしま
うようなことが多いです。

 

何だか閉経を迎える前から気分が滅入っ
てませんか?

 

でも大丈夫です。

 

閉経前からできることはあるんです。

 

それは閉経に伴って減っていく女性ホル
モンをサポートしてあげる成分を取り入
れてあげればいいんです。

 

女性ホルモンと似た働きをしてくれるも
のがあります。

↓  ↓  ↓

高麗人参です。

引用元)高麗人参のエストロゲン様作用についてhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11368622

 

高麗人参の主成分であるサポニンのことを

ジンセノサイド

と言います。

 

このジンセノサイドは

植物エストロゲン

の一種だと言われています。

 

すなわち女性ホルモンに似た働きをして
くれるということですね。

 

この高麗人参をうまく取り入れることで
閉経に伴う心や身体の不調を改善するこ
とができるんです。

 

しかし、高麗人参なんてどうやって取り
入れればいいのでしょう?

 

毎日効率よく必要な成分を取り入れるの
なら

サプリメント

がおすすめです。

 

私がおすすめするのは
「高麗美人」です

↓  ↓  ↓

高麗美人は

韓国プンギ産の6年根の紅参

という高麗人参を使用しています。

 

これは高麗人参の中でも品質が特にいい
ものです。

 

高麗美人はサプリメントですので食品です。

 

一日に決まった量を飲むだけの簡単で手
軽な方法なので続けやすいです。

 

お薬のように病院を受診する必要もあり
ませんし、家にいてできる対策です。

 

副作用もありません。

 

もし、自分の身体に合うかどうか心
配な場合は

30日間返品保証

↓  ↓  ↓

がついていますので、安心して試すこと
ができます。

 

閉経によって私達の身体は様々な影響を
受けますが、それを知って、できること
をやっておけば何も心配はいりませんし
不安も解消できます。

 

それをやるかやらないかはあなたが決め
ることです。

 

更年期の症状に対して必要以上に心配す
るのではなく、できることから始めてみ
ませんか?