閉経前後になって心や体に不調をうった
える事は誰でもあることです。

 

この時期は更年期と呼ばれる時期で、
体の中の女性ホルモンの分泌量が激減
する時期にもなります。

 

この女性ホルモンの影響で体の中の自律
神経が乱れたり様々な機能がうまくいか
ないために色々な症状を生み出します。

 

その一つに脱毛があります。

 

今回は閉経前後の脱毛症状について
お話しします。

 

閉経前後の脱毛症状ってどうすればいいの?

女性であればおしゃれに髪の毛はとても
大切な要素です。

 

鏡を見て髪型が決まらないと一日が楽し
くありませんし外出するのでさえおっく
うになります。

 

場合によっては人前に出たくなくなる
ことだってあります。

 

脱毛を引き起こす原因について

閉経が近づいてくると今まで普通に分泌
していた女性ホルモンエストロゲンの量
が急に減ってきます。

 

エストロゲンには髪の毛を成長させて
その成長を持続させる働きがあります。

 

ですのでエストロゲンが減ってしまうと
髪の毛の成長期間が短くなり休止時期が
長くなってしまいます。

 

その結果一つの毛穴からの髪の毛の本数
が減ってしまったり一本一本の髪の毛が
やせ細ったり栄養が行き渡らなくなって
しまいます。

 

だんだん抜け毛もひどくなり脱毛が激し
くなるため全体的に薄毛になってしまう
のです。

脱毛が女性に与える影響とは?

髪の毛の脱毛は女性にとっては体の不調
よりも辛い場合もあります。

 

鏡を見てブラッシングしてもなかなか
ボリュームが復活しないし、思った通り
の髪型にならない・・・・・。

 

時間はどんどん過ぎていくのに、納得が
行かなくてイライラは通り越して悲しく
なってしまいます。

 

気分が落ち込みま人に会うのも嫌になっ
て、外出も嫌になり引きこもりたくなっ
てしまいますよね。

 

改善方法は無いのでしょうか?

閉経前後の脱毛への対策について

女性ホルモンエストロゲンが減ると自律
神経が乱れることによって血流が滞りや
すくなります。

 

血液がうまく流れないと栄養や酸素が身
体の末端や頭皮にまでしっかり運ばれな
いということです。

 

血流を改善するために必要なのは血行を
促進し、体の巡りを良くしてくれる成分
です。

 

血行を改善して自律神経を整えてくれる
代表的な成分には

サポニン

があります。

 

サポニンと言うのは植物の根っこや茎や
葉っぱに含まれる苦味の成分です。

 

このサポニンをしっかり取り入れてあげ
ることで体の中の血流が改善し巡りが良
くなり新陳代謝も活発になるので脱毛の
改善効果が期待できます。

 

ではサポニンをたくさん含む植物って何
があるのでしょうか?

 

サポニンを多く含むのは

薬用人参

です。

 

薬用人参には

  • 高麗人参
  • 田七人参

があります。

 

私がおすすめするのは田七人参を使った
サプリメント「白井田七」です

↓  ↓  ↓

白井田七に含まれる薬用人参の一種である

「田七人参」

は高麗人参の7倍ものサポニンを含むと言
われています。

 ↓  ↓  ↓

 

白井田七はサポニンによって血流を改善
し、身体のめぐりをよくしてくれます。

 

血流がよくなると身体のすみずみまで
酸素や栄養が行き渡り、頭皮の健康にも
つながります。

 

さすがに今よりフサフサ髪が生えてくる
ということはなくても、これ以上の脱毛
は食い止めたいものです。

 

サプリメントは即効性はないですが、続
けることで改善していけると思います。

 

問題は何もしないことです。

 

今の現状を嘆いていて改善を考えなけれ
ば脱毛だって更年期の症状だってひどく
なるだけでしょう。

 

サプリメントは毎日手軽に続けられる
ものです。

 

白井田七は万が一身体に合わない場合
のために

 

15日間返品保証

↓  ↓  ↓

 

がついています。

 

これなら初めて試すサプリメントも
安心ですね。

 

閉経前後の不調を一つずつ改善して
いきましょう。