運動もしていないし、夏でもないのに
顔が熱くなったり汗が汗をかいたり。

 

そんな症状があるってことは閉経前後に
よく起こる

ホットフラッシュ

かも知れませんね

 

ホットフラッシュの主な症状に

汗を大量にかく

というものがあります。

 

今回は閉経前後のの悩みについてお話
しします。

 

閉経前後の汗って特に気になるけど何が違うの?

閉経が近づいてくると様々な症状に悩ま
されることが多くなります。

 

その一つがホットフラッシュです。

 

ホットフラッシュの特徴は上半身は暑い
のに下半身は冷たいというのぼせと冷え
が一緒に起こることです。

 

女性ホルモンのエストロゲンが減って
いくことにより自律神経のバランスが
崩れます。

↓  ↓  ↓

 

血管の拡張や収縮をうまくコントロール
できないと一日を通して何度もホットフ
ラッシュが起こります。

 

これは自律神経のバランスが崩れて血流
がうまく流れないことで起こります。

 

血液が流れる時に心臓に近い上半身や顔
などに一気に流れて心臓から遠い手足や
下半身などの末端のほうは流れが届かず
冷えてしまうのです。

 

私も経験がありますが顔だけが異常に暑
くて肌が暑いと言うよりは体の内側が暑
いような感じです。

 

蒸し器で蒸されているようなイメージです

 

サウナに入った時の息苦しいようなそんな
感覚もありました。

 

まだ暑さを感じるだけなら我慢すればいい
ことなのですがそれに伴って汗が異常に
出てくるんです。

 

外出先だったりすると簡単に着替えができ
ないし、汗じみが気になって人前に出たく
なくなります。

 

そして決まった時間や場所で起こるもので
はなく、突然に予測できないときに汗を
かくのでだんだん家に閉じこもりがちに
なってしまいます。

 

本当につらかったです。

 

閉経前後の汗の対処法について

とりあえずの対処法としては汗の給水が
よい素材の服を着ることと着替えが出来
るようなものを外出先に用意していくこ
とです。

 

小さな保冷剤を持っていてホットフラッ
シュが起こったら首筋の後ろを冷やして
あげるのも効果的です。

 

更年期の汗は運動することによって起こ
る汗ではないのでサラサラしていない
ことが多いです。

 

これが体臭の悪化にもつながるので

たかが汗ですが

されど汗なのです。

 

悩みとしてもけっこうつらいです。

閉経前後の大量の汗に対してできること

 

✔制汗シートで首や脇などマメに拭く

✔制汗スプレーを持ち歩く

✔脱ぎ着しやすい服装にする

✔体温調節しやすいように重ね着する

 

いくつか対処法をあげましたが、

間に合わせの対策

にすぎません。

 

汗が大量に出るホットフラッシュは
更年期の中でも特に経験する人が多く
悩みも深いと言われています。

 

このホットフラッシュを改善するために
自律神経の乱れを改善してあげること
が一番です。

 

そのために必要な成分を身体に取り入れ
てあげましょう。

 

自律神経を整えるのに有効な成分に

サポニン

があります。

 

サポニンは植物の根や茎や葉などに
含まれるにがみの成分です。

 

このサポニンをたくさん含んでいる
植物が

薬用人参

です。

 

その薬用人参には

  • 高麗人参
  • 田七人参

などがありますが、サポニン含有量で
いえば圧倒的に

田七人参

のほうが上です。

↓  ↓  ↓

なんと、高麗人参の

7倍

ものサポニンを含んでいます。

 

私がおすすめするのは田七人参を使った
サプリメント

白井田七です

↓  ↓  ↓

この白井田七の田七人参が急激に減った
エストロゲンの代わりになってくれ自律
神経を整える働きを行ってくれます。

 

白井田七は一つの症状だけを改善するの
ではなく体の中の調子を整えたり血液の
めぐりを良くしたりすることで全体的に
体調を整えてくれます。

 

ですのでホットフラッシュの汗だけで
なく他のつらい症状や精神的なイライラ
や落ち込みなどにも力を発揮してくれる
のです。

 

サプリメントを効果的に取り入れて汗を
始めホットフラッシュや精神的な悩みを
改善していきましょう